(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセルの英語「類義語シリーズ」 r_ruigigo-i06

intelligent / intellectual | 総索引

最所フミ(編著)『英語類義語活用辞典』(pp.213-215)

【"intelligent":"intelligent"は感情でなく理性を使って、素早く物事を理解して行動する能力であり、"bright"や"clever"がシノニム。これは知識や教育とは関係なく、原始的な知恵のこと。】
【"intellectual":物事に対して理詰の態度をとることで、判断を脳の部分に頼り、体験や感情を度外視すること。名詞形の"intelligence"には人間の知能という意味以外に、「諜報機関」の意味もあるので要注意。"intellectual"は大人に使うことが多い。】

(1-1) The child is quite intelligent. He knows when to cry to get milk.
[その子はなかなか利口で、ミルクを得るためにいつ泣けばよいかわきまえている。]

(1-2) An intelligent dog can be taught easily to control sheep.
[利口な犬は羊の番をするようにたやすく訓練できる。]

(1-3) He is in intelligence.
[彼は諜報機関につとめている。]

(2-1) He had a tremendous intellectual sympathy for the poor and the oppressed.
[彼は貧しい人たち、圧政に苦しむ人たちに対しては、非常に理念的な同情をもっていた。(体験からくる同情ではなく、ものの道理の念からくる同情の意/自分(ロバート・ケネディ)と異なり兄(J. F. ケネディ)は感情的な人間ではなかったと、弟のロバートが言ったこと]

(2-2) His charactres are real people, not an intellectual product.
[彼の描く人物は本物の人間であり、頭で作り上げたものではない。]


A.ラッセルの著作における用例

<用例1-1>
The fundamental cause of the trouble is that in the modern world the stupid are cocksure while the intelligent are full of doubt..
[揉め事(トラブル)の根本原因は,現代世界においては知的な(聡明な)人々が懐疑心でいっぱいである一方,愚かな人々が'確信過剰'である(cocksure)ということである。]
 出典:The Triumph of Stupidity (written in May 10, 1933 and pub. in Mortals and Others: Bertrand Russell's American Essays, 1931-1935, v.2:p.28

<用例1-2>
An intelligent man who lives in a city as large as London or New York can generally find some congenial set in which it is not necessary to practise any constraint or hypocrisy.
[ロンドンやニューヨークのような大都市に住む知的な人間は、大部分、気がねをしたり偽善を行なったりする必要がない、相性の合ったグループ(集団)を見つけることができる。]
 出典:ラッセル『幸福論』第9章「世論に対する恐れ

<用例2-1>
Courage in war has been recognised from time immemorial as an important virtue, and a great part of the training of boys and young men has been devoted to producing a type of character capable of fearlessness in battle. But moral courage and intellectual courage have been much less studied; they also, however, have their technique.
[戦時における勇気は,大昔から重要な美徳として認められてきた。そして,青少年の訓練の大部分は,戦闘において大胆不敵でいられるタイプの性格を作りあげることに捧げられてきた。しかし,道徳的な勇気や知的な勇気については,これまで研究されることがずっと少なかった。]
 出典:ラッセル『幸福論』第17章(「幸福な人

<用例2-2>
The important kind of fatigue is always emotional in modern life; purely intellectual fatigue, like purely muscular fatigue, produces its own remedy in sleep.
[現代生活では,重要な疲労の種類はつねに情緒的なものであり,純粋に知的な疲労は,純粋に筋肉的な疲労同様,睡眠によって,取れる。]
 出典:ラッセル『幸福論』第5章「疲労


B.他の参考例

<参考例1-1>
He is trying to find out why chimpanzees are so intelligent.
[彼はなぜチンパンジーがこれほど知能が高いのかを突き止めようとしている。]
 出典:『英単語ターゲット1900』p.83

<参考例1-2>
Our school has a special class for very intelligent children.
[私達の学校には非常に知能の高い子供のための特別な学級があります。]
 出典:『VITAL3000 英単語・熟語』, p.109

<参考例1/2>
He is intelligent but his work lacks intellectual discipline.
[彼は頭は良いが、仕事ぶりには知的訓練が欠けている。]
 出典:『新版完全征服 データベース5500 合格 英単語・熟語』, p.57

<参考例2-1>
Reading is indispensable for intellectual growth.
[読書は知能(知性)の発達に欠かせない。]
, p.83
 出典:『英単語ターゲット1900』, p.83

<参考例2-2>
The argument was too intellectual for me: I couldn't follow a word of it.]
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.