(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.5:Fatigue   Contents(総目次へ)
 神経衛生学と呼んでよいようなものは,従来,ほとんどと言ってよいほど研究されてこなかった(安藤氏は,hygiene of the nerves を「神経生理学」(neurophysiology)と訳されているが,ラッセルが考えているのは,純理論的な研究というよりは,臨床科学的な,治療法も含めた「精神衛生学」のようなものであろうか。因みに,神経生理学の研究は,米国において1930年代後半から始まったとのことである。本書が出たのは1930年であることに注意。)。確かに,産業心理学は,疲労について詳細な調査を行なってきており,相当長時間仕事をしつづけると,ついにはかなり疲れるということを,綿密な統計によって証明した--ただし,このような結論は,諸科学を動員しなくても推測可能であっただろう。心理学者による疲労の研究は,学童の疲労についてもいくつかの研究はあることはあるが,主に筋肉疲労に関するものである。しかし,これらの研究は,いずれも,重要な問題に触れていない。
の画像
拡大する!(enlarge)
 現代生活では,重要な疲労の種類はつねに情緒的なものであり,純粋に知的な疲労は,純粋に筋肉的な疲労同様,睡眠によって,取れる。感情的要素が含まれていない知的な仕事--たとえば,精密な(細かな)計算など--を多量にやらなければならない人はすべて,一日の終わりに,その日の疲労を睡眠によって取り去るだろう。過労が原因だとされている害は,ほとんど過労によるものではなく,何らかの悩みや心配によるものである。情緒的な疲労のやっかいな点は,休息を妨げるということだ。人は疲れれば疲れるほど,仕事をやめることができなくなる。神経衰弱が近づいた徴候の一つは,自分の仕事は非常に重要であり,休暇をとったりすれば種々の災難をもたらすことになる,と思いこむことである。もし私が医者なら,自分の仕事は重要だと思っているすべての患者に対し,休暇をとるよう指示する(処方する)だろう。仕事によって生じたように思われる神経衰弱は,実は,私が個人的に知っているいかなる場合についても,何らかの情緒的な心配事によって生じたものであり,患者は,仕事をすることでそれらの心配事から逃れようとしていたのである。彼(患者)は,仕事をやめるのをいやがる。なぜならば,もしやめれば,不幸の種類が何であれ,自分の不幸について考えないよう,気をそらしてくれるものが,もはや何もなくなってしまうからである。もちろん,その心配事は,破産の恐れかもしれず,その場合は,彼の仕事は心配事と直接結びついているが,しかしその場合でも,心配事のために長時間仕事をしがちになるので,判断力が鈍ってきて,それほど仕事をしなかった場合よりも早く破産がやってきそうである。いずれの場合も,神経衰弱の原因になるのは,情緒的な悩みであって,仕事ではない。
 

* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

What might be called hygiene of the nerves has been much too little studied. Industrial psychology, it is true, has made elaborate investigations into fatigue, and has proved by careful statistics that if you go on doing something for a sufficiently long time you will ultimately get rather tired - a result which might have been guessed without so much parade of science. The study of fatigue by psychologists is mainly concerned with muscular fatigue, although there are also a certain number of studies of fatigue in school-children. None of these, however, touch upon the important problem.
The important kind of fatigue is always emotional in modern life; purely intellectual fatigue, like purely muscular fatigue, produces its own remedy in sleep. Any person who has a great deal of intellectual work, devoid of emotion, to do - say, for example, elaborate computations - will sleep off at the end of each day the fatigue that that day has brought. The harm that is attributed to overwork is hardly ever due to that cause, but to some kind of worry or anxiety. The trouble with emotional fatigue is that it interferes with rest. The more tired a man becomes, the more impossible he finds it to stop. One of the symptoms of approaching nervous breakdown is the belief that one's work is terribly important, and that to take a holiday would bring all kinds of disaster. If I were a medical man, I should prescribe a holiday to any patient who considered his work important. The nervous breakdown which appears to be produced by the work is, in fact, in every case that I have ever known of personally, produced by some emotional trouble from which the patient attempts to escape by means of his work. He is loath to give up his work because, if he does so, he will no longer have anything to distract him from the thoughts of his misfortune, whatever it may be. Of course, the trouble may be fear of bankruptcy, and in that case his work is directly connected with his worry, but even then worry is likely to lead him to work so long that his judgement becomes clouded and bankruptcy comes sooner than if he worked less. In every case it is the emotional trouble, not the work, that causes the breakdown.