(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 18 Index Contents(目次)

第三部 知性の教育_第18 大学(OE18-060)


ラッセル英単語・熟語1500
 大学において,若い男女は怠けることを許されるべきではないと言うとき,学業(勉学)の(評価のための)試験(tests of work)は制度に機械的に合わせたものであってはならないということを,急いでつけ加えなければならない。この国(英国)の新しい大学には,無数の講義を聴くことを強要する嘆かわしい傾向がある。ひとりで勉強するほうがよいという意見は,モンテッソーリ式の学校の幼児の場合には強く認められている(主張されている)が(allowed = admitted),二十歳の青年の場合は,私たちが想定しているように,特に彼らが熱心で例外的な能力を持っている場合は,ずっと強く主張されてよい(認められてよい)。私が大学生であった頃,私も,私の大半の友人たちも,講義(を聴くこと)はまったく時間の浪費であると感じていた。疑いもなく,私たちは誇張していたのだが,誇張しすぎいたわけではない。講義を聴講したいと思う真の理由は,それがわかりやすい勉強(学生にとっては仕事)(obvious work)だということにある。だからこそ,実業家たちは,講義のために(聴講のために)喜んで金を支払うのである。【安藤訳では "The real reason for lectures is that they are obvious work, and therefore business men are willing to pay for them."は「講義をする真の理由は,誰の目にもはっきりわかる仕事だということにある。だからこそ,実業家たちも講義のために喜んで金を出すのだ」と訳されている。この訳文を読んで理解できる人がどれだけいるだろうか。実利目的第一の,実業家のような聴講生たちは,わかりやすい,情報量の多い講義を望んでおり,学生に考えさせるような講義は「手を抜いていると見えてしまう,という趣旨をつかむ必要があるだろう。 reason for lectures は「講義をする理由」ではなく,「講義を求める理由=講義を聴きたいと思う理由」であろう。】もしも,大学の教師たちが最上の方法を採用したならば(注:一方通行的な講義ではなく,学生に考えさせる講義をした場合),実業家たちは,彼ら(大学教師たち)は怠けていると考え,教職員の数を減らすことを要求することだろう。オクスフォード大学やケンブリッジ大学は,その威信のゆえに,ある程度正しい(講義)方法を用いることができる。しかし,(英国の)新しい大学は,実業家に抵抗することはできないし,アメリカの大学の大部分も同様である。教師は,学期のはじめに,精読すべき本のリストを与え,ほかに,学生によっては好むものもいれば好まないものもいるような本についても簡単な解説をすべきである。教師は,これらの本の知的に重要な点を注意深く勉強しなければ答えられないような論文(執筆)をいくつか課すべきである。また,学生が論文を書きあげたときには,個別に面接すべきである。ほぼ一週間に一度か,二週間に一度,夕方やって来たい学生と会って,彼らの研究に多少とも関係のある事柄について,雑談すべきである。こういうことは,古い大学でやっていることとそれほど変わらない。もし,学生が,教師の課したのとは異なるけれども,同様にむずかしい論文を自分で選んだ場合は,自由にそうさせるとよい。学生の勤勉ぶりは,その論文で判断することができる。
Pt. 3: Intellectual education
Chap.18 The University (OE18-060)

When I say that a young man or woman at the university should not be allowed to be idle, I must hasten to add that the tests of work must not consist in a mechanical conformity to system. In the newer universities in this country, there is a regrettable tendency to insist upon attendance at innumerable lectures. The arguments in favour of individual work, which are allowed to be strong in the case of infants in a Montessori school, are very much stronger in the case of young people of twenty, particularly when, as we are assuming, they are keen and exceptionally able. When I was an undergraduate, my feeling, and that of most of my friends, was that lectures were a pure waste of time. No doubt we exaggerated, but not much. The real reason for lectures is that they are obvious work, and therefore business men are willing to pay for them. If university teachers adopted the best methods, business men would think them idle, and insist upon cutting down the staff. Oxford and Cambridge, because of their prestige, are to some extent able to apply the right methods ; but the newer universities are unable to stand up against business men, and so are most American universities. The teacher should, at the beginning of the term, give a list of books to be read carefully, and a slight account of other books which some may like and others not. He should set papers, which can only be answered by noticing the important points in the books intelligently. He should see the pupils individually when they have done their papers. About once a week or once a fortnight, he should see such as care to come in the evening, and have desultory conversations about matters more or less connected with their work. All this is not very different from the practice at the older universities. If a pupil chooses to set himself a paper, different from that of the teacher but equally difficult, he shall be at liberty to do so. The industry of the pupils can be judged by their papers.

(掲載日:2015.08.03/更新日: )