(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 16(第16章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第16章 大学入学前の数年間:後期中等教育(高校に相当)(OE16-090)


 私は,前の方の章で恐怖(心)について述べたことを,繰り返して言いたくない。私がいまここで関心を持っているのは,知的な領域において正しい思考を妨げるものとしての恐怖(心)だけである。知的な領域では,恐怖(心)に打ち勝つことは,おとなになってからよりも若いときのほうがはるかに容易である。なぜなら,一定の前提の上に生活を築いているおとなよりも,少年少女のほうが,意見を変えることによって,重大な不幸を被ることがより少ないからである。こういう理由で,私は,年長の少年少女の間では,知的な論争をする習慣を身に付けるように(彼らを)勇気づけたい。また,私が重要な真理だとみなしているものに彼らが疑いをいだいたとしても,それを妨害しようとは思わない。私は,正統を,ましてや異端を,教えることではなく,考えることを教えること(思索する習慣を身につけること)を自分の目的としたい。また,私は,空想された道徳上の利益のために知性を犠牲にするようなことは,断じてしたくない。美徳を教えるためには偽り(嘘)を吹き込むことが必要である,と一般に考えられている。政治(の世界)では,自分の支持政党の著名な政治家の悪徳を隠す。神学(の世界)では,自分がカトリックなら(ローマ)法王の罪を隠し,プロテスタントならルターやカルヴァンの罪を隠す。性の問題では,若い人の前で,貞節が実際よりもずっと普通であるようなふりをする。どこの国でも,警察が望ましくないと考えるある種の事実は,おとなでさえ知ることができないし,英国の検閲官は,人生を忠実に描いているような劇の上演を許可しない(注:1926年当時の英国の現状)。なぜなら,一般大衆は,欺瞞によってのみ,甘い言葉で美徳へとつることができると検閲官は考えているからである。そもそも,こういぅ態度にはある種の弱さが含まれている。真実がどのようなものであれ,それを知ろうではないか。そうすれば,我々は理性的に行動することができる。権力の所有者は,奴隷たちに自分たちの利益について誤った判断をさせようとするために,彼らに真実を隠そうとする。これは(どうしてそのようなことするのか)よく理解できる。よく理解できないのは,民主主義諸国(democracies)がみずから真実を知ることを妨げるための法律を進んで作ろうとすることである(注:「特定秘密保護法」が良い例)。これは,集団的なドン・キホーテ主義である。即ち,そういう国々は,甲(カブト)が信じたいと思うほど良くないというような話は,聞かないようにしようと決意している(聞く耳を持たない)のである。そのような卑屈で臆病な態度は,自由な男女にはふさわしくない。私の学校(注:ラッセルは当時, Beacon Hill School という幼児学校を妻とともに英国で運営していた。)では,知識に対する障害は,どんなものであれ,まったく存在しないだろう。私は,嘘や偽りによってではなく,情熱と本能を適切な訓練によって美徳を求めるだろう。私の望む美徳においては,恐怖(心)も制限もない知識の追求が不可欠な要素であり,それがなければ,他のいっさいのものはほとんど価値を持たなくなる。

Pt. 3: Intellectual education
Chap.16 Last school years (OE16-090)

I do not want to repeat what I said about fear in a former chapter ; I am concerned with it now only in the intellectual sphere, as an obstacle to truthful thinking. In this sphere, it is much easier to overcome in youth than in later life, because a change of opinion is less likely to bring grave misfortune to a boy or (a) girl than to an adult, whose life is built upon certain postulates. For this reason, I should encourage a habit of intelligent controversy among the older boys and girls, and I should place no obstacles in their way even if they questioned what I regarded as important truths. I should make it my object to teach thinking, not orthodoxy, or even heterodoxy. And I should absolutely never sacrifice intellect to the fancied interest of morals. It is generally held that the teaching of virtue demands the inculcation of falsehood. In politics, we conceal the vices of eminent statesmen of our own party. In theology, we conceal the sins of Popes if we are Catholics, and the sins of Luther and Calvin if we are Protestants. In matters of sex, we pretend before young people that virtue is much commoner than it is. In all countries, even adults are not allowed to know certain kinds of facts which the police consider undesirable, and the censor in England does not allow plays to be true to life, since he holds that the public can only be cajoled into virtue by deceit. This whole attitude implies a certain feebleness. Let us know the truth, whatever it is ; then we can act rationally. The holders of power wish to conceal the truth from their slaves, in order that they may be misled as to their own interests ; this is intelligible. What is less intelligible is that democracies should voluntarily make laws designed to prevent themselves from knowing the truth. This is collective Quixotism : they are resolved not to be told that the helmet is less good than they wish to believe. Such an attitude of abject funk is unworthy of free men and women. In my school no obstacle to knowledge shall exist, of any sort or kind. I shall seek virtue by the right training of passions and instincts, not by lying and deceit. In the virtue that I desire, the pursuit of knowledge, without fear and without limitation, is an essential element, in the absence of which the rest has little value.

(掲載日:2015.07.21/更新日: )