(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.4

前ページ 次ページ v.3,chap.4 (The Foundation) 目次 Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

の画像
拡大する!(enlarge)
 ヴェトナムにおける戦争犯罪』と題する,ヴェトナムの情況とその含意について論じた私の著書が,1967年1月の初めに出版された。ハードカバーとぺーパーバックの両方で出された。この本は英国においては,ジョージ・アレン・アンド・アンウィン社(George Allen and Unwin)から出版された。とりわけ,スタンリー・アンウィン卿(Stanley Unwin,1884-1968:1914年に George Allen and Unwin を創業)という人物における寛大さとリベラルな態度には,第一次世界大戦時以来,大いに負っている(恩を受けている)。その本には,1963年以来私が発表した数知れない書簡・声明・演説・論文のなかからそれぞれ2,3点を選んで収録している。それらに加えた序文においては,1967年当初の情況及びそれに対する私の態度に関する一般的背景を述べている。それから,あとがきでは,私が呼びかけたヴェトナム戦争犯罪法廷(注:いわゆるラッセル法廷)について簡潔に述べている。また付録には,ラルフ・シェーンマンの何週間にも及ぶ何回も行ったヴェトナム訪問のなかのある訪問期間中の調査結果の一部を収録している。『ヴェトナムにおける戦争犯罪』は,ヴェトナム戦争に対する私の態度とその根拠としている諸事実について,徹底的に説明しており,また,ともかくも,過去2,3年の間にそれらについて非常に多くの出版や放送をしてきているので,ここではそれらについてこれ以上触れないでおく。この本は,いくつかの新聞のなかで,かなりの敵意がこめられた論評がなされた。それゆえ,ぺーパーバック版の方は出版して2週間以内に売れ切れ,米国でも出版され,世界中で多くの言語に翻訳され出版されたことを知り,とてもうれしかった。

v.3,chap.4: Foundation

の画像
Allen & Unwin 社(1980年)
拡大する!(enlarge)
My book on the situation in Vietnam and its implications, called War Crimes in Vietnam, appeared early in January, 1967, in both cloth and paper editions. It was published in Britain by Allen & Unwin, to whose generosity and liberal attitude, in the person of Sir Stanley Unwin especially, I have owed much ever since the First World War. The book is comprised of a few of the innumerable letters, statements, speeches and articles delivered by me since 1963. To these are added an Introduction giving the general background of the situation at the beginning of 1967 and of my own attitude to it; a Postscript describing briefly the War Crimes Tribunal for which I had called; and an Appendix containing some of the findings of Ralph Schoenman during one of his visits of many weeks to Vietnam. War Crimes in Vietnam is so thorough an accouut of my attitude towards the war and the facts upon which I base it, and, in any case, I have published and broadcast so much on them during the past few years that I shall nor go into them here. The book was reviewed with considerable hostility in some journals, so it was a pleasure to learn that the paperback edition was sold out within a fortnight of its publication and that the book has been published in the United States and translated and published in many languages throughout the world.

(掲載日:2010.6.3/更新日:2012.8.21)