(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-200.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 (しかし)ラッセル平和財団そのものは,この問題(ケネデイ暗殺)に関する事実を探り出しそれらの事実から得られる情報を広めつつある人々を支持することに関与しない方がより適切だろう,と我々は考えた。そこで我々は --満足のいく名称ではなかったが-- 「誰がケネデイを殺したか?」英国委員会 (The British Who Killed Kennedy ? Committee)という名の独立(自律)した委員会を発足させた。我々は同時に,かなりの数の後援者と秘書1名さえも獲得した。しかし困難がないということではなかった。なぜなら,多くの英国人がこの事件は英国人に直接関係ないものであると考えていたからである。アメリカの官憲(政府その他の公的権力)の不正行為が,米国の住民たちばかりでなく全世界の人々にとっても同様に,何を意味するのか,小数の者は理解した。それらの少数者はひどいめにあった。我々は徹底的にけなされた。委員会が使用している電話番号に一つに,米国大使館からの脅迫電話がかかってきた。我々の委員会と類似の委員会が英国以外の数ケ国で設置されたが,それらの委員会の数人の幹部も同じような警告を受けとった。最終的には,平和財団はこの委員会を平和財団の傘下に取り込まなければならなかった。そうして財団のメンバーは,財団の本務以外の,この仕事が加わった結果,昼夜通して骨折って働いた。私が「ケネデイ大統領暗殺に関する16の疑問」という論文を書いた8月までに,このことに関する集会がいくつか開催され,他の声明や論文が発表されつつあった。感情が昂まった。マーク・レーン自身は,自国内(米国内)を含め,他の国々同様,英国内各地をまわった。そして,この問題に関する公の発表や一般に受けいれられている定説をくつがえす(ところの)彼が発掘した諸事実を詳しく話した。ウォーレン委員会報告書(オズワルドの単独犯行と断定/ウォーレン委員会とは?)が,1965年9月に発表される前に,私のところに送られてきた。それを受け取り,−−明らかに多くの人がうるさがったが−−,私はただちに自分の考えを述べた。私は,くだらないことを言っており(おおぼらをふいており),ウォーレン委員会報告書さえ読んでいない,また,事前に読むことができなかった,といった言葉が広まった。事実を言えば,マーク・レーンは報告書の初期の複製を私に送ってくれていて,私はそれを読み,(十分に)考える時間があった。(その後)ウォーレン委員会報告書>が詳細に吟味され,報告書を批判することは'人格高潔である(?)'とされる今日,多くの人が私と同意見であり,この問題に対する,以前の自分たちの態度も私の態度もすんなりと忘れてしまっている。以前は,彼らはそう見受けられたようにあまりに臆病すぎて事実に耳をかたむけたり,それを信じたりしようとしないで,当局の見解(オズワルドによる単独犯行説)を盲目的に鵜呑みにしていた。彼らは,事実を一般に知らせようとする我々の努力を挫折させるため,自分たちのできるかぎりの力を尽くしていたのである。


v.3,chap.4: Foundation

We thought it better if the Foundation itself were not involved in supporting those who were ferreting out the facts of the matter and propagating knowledge of them. We therefore started an autonomous committee with the unsatisfactory name of 'The British Who Killed Kennedy ? Committee'. We got together a fair number of sponsors and even a secretary, but not without difficulty, since many people thought the affair none of our British business. A few understood what skulduggery (skullduggery) on the part of American Authorities might portend, not only for the inhabitants of the United States, but for the rest of the world as well. Those few had a hard time. We were well and truly vilified. A threatening telephone call from the United States Embassy was received by one of our number. Committees similar to ours were set up in some other countries and some of their officers received similar warnings. Finally, the Foundation had to take our Committee under its wing, and its members toiled both night and day in consequence of this extra work. By August, when I wrote an article called '16 Questions on the Assassination', meetings were being held, and other statements and articles were being issued. Feeling ran high. Mark Lane himself travelled about this country as well as about others, including his own, recounting the facts that he was unearthing which refuted the official and generally accepted pronouncements concerning the matter. I was sent the Warren Commission's Report before it was published in September, 1965, and at once said, to the apparent annoyance of many people, what I thought of it. Word went about that I was talking through my hat and had not even read the report, and could not have done so. In point of fact, Lane had sent me an early copy which I had read and had time to consider. Now that the Warren Commission Report has been examined minutely and it is 'respectable' to criticise it, many people agree with me and have blandly forgotten both their and my earlier attitudes. At the time, they were too timid to listen to or to follow the facts as they appeared, accepting blindly the official view of them. They did all that they could to frustrate our efforts to make them known.

(掲載日:2010.5.31/更新日:2012.8.14)