-
(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-150.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 英国の新聞(社)の大部分は,ほんの少ししか我々(の活動)を支援してくれなかった。彼らは我々を黙視によって,あるいは,我々の活動が馬鹿げてみえるか,有害だとみえるようなものを発見できると,それとなく嘲笑をもって,取り扱った。これは,多分,驚くようなことではないだろう。なぜなら,まったく合法的ではあったけれども,我々は,わが国の既に確立している政策に反対する活動を行ってきたからである。我々が反対した政策は,ハロルド・ウイルソン(James Harold Wilson, 1916-1995.5.24:1964年10 月の総選挙で労働党が勝利し,首相に就任)の政府が,第一次と第二次と二度とも,組閣前に公約したものではなく,政権を担当してから採用したものであったまた別の時期に,他の国々の新聞が,同様の理由で,我々を罵るか,あるいは報道することを拒んだ。また,当然のこと,新聞記者や時事解説者たちは,私は耄碌(もうろく)していると言って私を個人的に取り扱いがちである。特に米国の記者たちがそうである。というのは,ここ数年間,私がアメリカの暴力の増加を憂い,最近私が執筆したもののほとんどにおいて,米国政府の好戦的政策に激しく反対してきたからである。このようにして私の影響力を減らそうとするやりかたは,私の友人たちを驚かせ,怒らせるとともに,私を公然と屈辱するものである。しかし,私と見解を異にする人々の立場からすれば,おそらくそれは,彼らの唯一の反駁(手段)だろう。いずれにしても,たとえそうした非難が当たっているとしたら,私がもうろくしているというのであればどうして労を惜しまず,私(老人)の'たわごと'について言及しようとするのか,理解できない(松下注:ラッセル特有のユーモアですね)

v.3,chap.4: Foundation

For the most part the British press has done very little to help us. They have treated us with silence or, if they can find something to make us look ridiculous or wicked, with covert jeers. Perhaps this is not astonishing, since we have been working, though quite legally, against our country's established policies not those which Mr Harold Wilson's Government promised before it came to office both for the first and second time, but against the policies which it has adopted in office. For the same reason at different times the press of other countries have railed at us or refused to mention us. And, of course, journalists and commentators are apt to deal with me personally by saying that I am senile. The joulnalists in the United States, especially, do this since for years I have been worrying over the increase of violence in that country and most of my recent writing has been very vehemently against their Government's warlike policies. This method of diminishing my effectiveness alarms and angers my friends and affronts me, but, from the point of these who differ with me, I dare say it is about their only retort. In any case, if the charge is true; I fail to see why anyone troubles to remark on my babblings.

(掲載日:2010.5.27/更新日:2012.8.3)