(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-140.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)
第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 このような多少とも行きあたりばったりの資金集めに対する障害は,いつになったらどれだけの資金(金額)を財団が持つことになるか,確信を持つことは不可能ということであった。予備資金として(いざという時に)使用できるような巨額のお金が一度に入って来ることもなかったし,寄付金の約束もいつも速かに履行されるわけではなかった。その結果,時にはかなり野心的な企画をたてて前進するだけの十分の資金を持っていたかとおもうと,時にはほぼ無一文という状態であった。もしも私と一緒に活動している人々,特に,ラルフ・シェーンマン,クリストファー・ファーレイ,パメラ・ウッドの,財団の目的や考え方に対する献身と不屈の決意がなかったならば,後者のような難局を切り抜けることはできなかったであろう。これら3人はそれぞれ異なったやりかたで,順調な時ばかりでなく逆境にある時も,財団の活動を一緒に支え,牽引してくれた。その他,多くの様々な国から来た多くの人々が,ある者は自ら進んで,またある者は雇われて,私たちの活動を助けてくれた。しかし,なんらかの理由で,彼らは一時的な活動家にすぎなかったり,また時には高額すぎる支払いがされていたことがこれまでに判明している。けれども,現在は,信頼がおけ,また,各自が財団の活動の多様な側面のなかの一つあるいは複数を十分扱うことできると思われる同志の職員集団が確立されてきている。

v.3,chap.4: Foundation

The drawback to this more or less haphazard gathering of money was that it was impossible to be sure what monies we should have when. No huge sum came in at one time which could be used as a backlog, and promises were not always kept promptly. The result was that we sometimes had enough to go ahead with fairly ambitious schemes, but sometimes we had next door to nothing. The latter periods would have been impossible to weather had it not been for the dedication to the idea and ideas of the Foundation and the dogged determination of the people working with me, especially of Ralph Schoenman and Christopher Farley and Pamela Wood. These three in their different ways held the work together and pulled it through bad as well as good times. Many others from many different countries aided our work, some as volunteers and some on the payroll, but, for one good reason or another, until the present time, they have proved to be transient workers and sometimes too dearly paid for. Now, however, a staff of colleagues has been built up that appears stable and quite capable of dealing, each with one or more of the various aspects of the work.

(掲載日:2010.5.24/更新日:2012.8.2)