(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-130.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)
第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 けれども,世界の多くの地域の多くの人々が我々を支援してくれた。特に,様々の国々の芸術家たち,即ち画家,彫刻家,音楽家たちは寛大であった(気前がよかった)。実際,我々の最初の資金調達事業の一つは,芸術家たちが提供してくれた画や彫刻を売る美術品販売(アート・セール)であり,ベッドフォード公爵のご好意により,ウォバーン・アビー(Woburn Abbey のサイトウィキペディア説明)で開催された。私はそのセールの開会日には参加できなかったが,少し後から出かけて行った。ウォバーンに到着すると,面白いことに,同じ日に,ミス・ワールドを受賞した美女たちがウォバーンに招待されもてなされており,私は彼女たちに会う特権を享受した。セールはかなりうまくいった。それ以後,多くの美術品を提供してもらっており,それらを販売し我々の活動のための大きな収益源となった。音楽家たち(ミュージシャン)も気前がよかったが,かれらのエージェント(代理人)や興行主やコンサート・ホールの支配人たちに邪魔され挫折することの方が多かった。俳優や劇作家たちも慈善興行とかあるいは1,2種類の特別上演の約束を何度もしてくれたが,一つも履行されなかった。各国政府の首脳たちは我々によくしてくれた。その理由は,多分,彼らの方が我々のやっていることよりよく理解できたからだろうと思われる。募金活動において困難であったことの一つは,我々の活動の多くは,たとえば(政治的理由など)特別な理由で投獄されている人々(注:政治犯など)や離散家族やマイノリティ・グループに関する活動については,成功するまで(具体的に)口外することができず,もし口外しようものならその活動はすぐに効果がなくなってしまうだろう,ということであった。国際調停に関する論議や計画については,より一層真実であった。そのため,我々が活動していくために説明しなければならないことを,的確に聞かれた場合,いつも漠然と,一般的な言葉で話さなければならなかった。だから,とくに機敏な人や,既にこの運動に賛同している人しか,納得させることはできなかった。

v.3,chap.4: Foundation

However, many people in many parts of the world helped us. Artists - painters and sculptors and musicians - of different countries have been especially generous. Indeed, one of our first money-raising ventures was an art sale of their paintings and sculpture given by the artists, which took place, through the kindness of the Duke of Bedford, at Woburn Abbey. I could not attend the opening of the sale, but I went some time later, arriving, to my amusement, on the same day that the Miss World beauties were being entertained at Woburn and I was privileged to meet them. The sale was fairly successful and we have since then been given other works of art and sold them to the great profit of our work. Though musicians were generous to us, their generosity was more often than not, thwarted by their agents or impresarios and the managers of concert halls. Actors and playwrights made us many promises of benefit performances or special plays of one sort or another, but nothing came of them. We had better fortune with the Heads of Governments, perhaps because they were better able to understand what we were doing. One of the diffculties in our begging was that much of our work - that concerning special prisoners or broken families and minority groups, for instance - could not be talked of until it was accomphshed, if then, or it would be automatically rendered ineffective. The same was even more true of discussions and schemes concerning international adjustments. When asked, therefore, precisely what we had to show for our work, we had to speak chiefly in vague and general terms, which carried conviction only to the astute and the already cenverted.

(掲載日:2010.5.23/更新日:2012.8.1)