(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-120.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)
第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 我々は,際限もないほど多数の個人と接触した。裕福な人たちの間では,どういうわけか,ほとんど成功しなかった。彼らはノーというよりも,こう答える場合が多かった。
「あなたがたは素晴らしい活動をしておられると思います。私たちは全面的にそのことを信じます。また,成功してくださるよう願っています。しかし,私たちは,当然のことですが,すでに非常に多くの寄付の約束をしていまして・・・。」
 そのような資金援助の無心(物乞い)は,全て常にぎこち悪く嫌なものであるが,我々が不愉快な目に会ったのはたまにしかなく,敵意にみちた無礼な仕打ちを受けたのはたった一度だけであった。それは裕福なユダヤ人たちのあるパーテイでのことであった。そのパーテイは,彼ら自身が強い関心をもっていると公言していたソ連領内のユダヤ人のための私たちの(救済)活動について,私が話をするために開催されたものであった。その不愉快な出来事が起こるとは予測できなかった。なぜなら,見たところ見識のありそうな人たちの助言に従い(?),(ソ連領のユダヤ人に関する)その特別な計画に対して彼ら裕福なユダヤ人たち自身が非常に強い関心をもっていることや,彼らが我々に対し好意をもち,常套句であるが,私や私の活動に「感じ入っています(greatly admire)」と表明している人たちに我々が接触した時に起こったからである。
 うれしいことと腹ただしいことの両方あるが,私たちは多くの驚くべきことに出会った。ある朝,2人の人物が自分の意志で,欧州大陸にある彼らの相当大きな財産(土地?)をラッセル平和財団に委ねようとしているという連絡が届いた。また別の日の朝には,前・パリ駐在英国大使であったグラッドウィン卿(Hubert Miles Gladwyn Jebb, 1st Baron Gladwyn, 1900-1996/ 1950-1954:国連大使,1954-1960:英国の駐仏大使)から手紙が来た。その手紙は,平和財団設立のために必要とした膨大な書簡の一部の気分や論議(reasoning)を示しているので,私の返事と一緒に,章末につけておく。これらの交換した書簡は -グラッドウィン卿の勧めがあったにもかかわらず- 一度もまだ発表されたことがなかったと思う。注目に価するとおもうが,グラッドウィン卿は,私への手紙のなかで,私の提案を「知的な吟味に委ねることができる」上院(議会)に提出すべきだと主張した。しかし私は,その手紙に対する返信の中で,次のように言うことを差し控えた。すなわち,私が過去に上院に提案を持ち出した時,2,3の例外を除き,(聴衆である)議員たちがなんらかの特別な知性を示してくれたことは,これまでまったく認められなかった,と。しかし,知性の一般的なレベルは,グラッドウィン卿の登場以来,多分向上してきているだろう。

v.3,chap.4: Foundation

We approached an endless number of individuals; with singularly little success among the rich: 'Oh yes', they said more often than not, 'we think that you are doing a wonderful work. We entirely believe in it and wish it success. But, of course, we already have so many commitments ...' Though all such financial begging is always awkward and distasteful, we only occasionally met with unpleasantness and only once with virulent discourtesy. This was at a party of rich Jews given in order that I might speak of our work for the Jews in Soviet countries in whom they professed themselves mightily interested. The unpleasant occasions were unexpected since they occurred when, upon apparently knowledgeable advice, we approached people who had expressed themselves passionately interested in the special project about which we approached them and to be friendly towards us, to 'greatly admire' me and my work as it was always put. We received many surprises, both pleasant and exasperating: one morning a message came that two people were leaving in their wills their very considerable estate on the continent to the Foundation; another morning came a letter from Lord Gladwyn, a former British Ambassador in Paris, that I append to this chapter along with my reply, as it gives the tone and reasoning of part of the huge correspondence that building up the Foundation had entailed. I believe that this exchange of letters, in spite of Lord Gladwyn's suggestion, has not before been published, In his letter, it will be noted, he advocated my advancing my proposals in the House of Lords 'where they could be subjected to intelligent scrutiny'. I refrained, in my reply, from remarking that on the occasions when I had advanced proposals in the House of Lords, I had never perceived that my audience, with a few exceptions, showed any peculiar degree of intelligence - but perhaps the general level has risen since the advent of Lord Gladwyn.

(掲載日:2010.5.21更新日:2012.8.1)