(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-110.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)
第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 我々の野心的な計画のリストを読み,新聞記者たちは,我々がどこから資金を得ようともくろんでいるのかと尋ねた。それは適切な質問であり,予測されない質問ではなかった。9月29日までは我々の計画を他に漏らしたくなかったので,資金を得るための運動を行うことができなかった。(そこで)記者たちへの返事は,'必要な資金'は集める決意をしており,早晩資金は集まると確信しているということしか言うことができなかった。当然のこと,この返事は,辛辣な懐疑の念をもって受け取られた。
 あの時のことを振り返えると,集まった新聞記者たちの態度を非難するとも,新聞一般は決して我々に与えられた運動の開始(旅立ち)を励ましてくれるようなものではなかったことを非難するとも,私は言うことはできない。自分の未来のヴィジョンを行動によって後押ししたいと思っている者は,'常軌を逸した人間'と思われる'覚悟'をしておくべきであるが,我々の場合もその覚悟はできていた。さらに,我々は意気揚々としていた。我々が心に抱いている目的に向かって再び公に活動することができるということは,一種の'解放'であった。そしてもちろん,我々の最初の努力は,活動資金の獲得に向けられた。

v.3,chap.4: Foundation

Reading a list of our ambitious projects, the journalists asked whence we proposed to obtain the funds. It was a pertinent question and not unexpected. Since we had not wished to divulge our plans till September 29th, we had been unable to campaign for funds. Our answer could only be that we were determined to raise the necessary funds and were sure that we could, in time, do so - a reply naturally received with acid scepticism.
Looking back upon the occasion, I cannot say that I blame the assembled pressmen for their attitude, nor the press in general for the anything but encouraging start that was given us. Anyone who is willing to back his vision of the future by action should be prepared to be thought a 'crack-pot', and we were prepared. Moreover, we were elated. It was a kind of freedom to be able to work again publicly towards the ends that we had in view. And, of course, our first efforts were towards obtaining funds to carry on with.

(掲載日:2010.5.20/更新日:2012.7.31 掲載)