(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-070.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 全てのこのような活動が,差し迫った要求により,積みあがって増えていった。私には非常に有能かつ自発的な支援者がいたが,それでも1963年頃になると,一人の人間では処理しきれない状態に急速になりつつあった。さらに,旅行費用,手紙や電報や電話(等)の通信費,また秘書や協力者の経費が,私個人の資金ではまかないきれない状態になりつつあった。それにまったく一人で取り仕切っていることの'責任の重さ'が大きかった。次第に,ある種の組織を創ろうという計画が -再び,ラルフ・シェーマン(Ralph Schoenman)の創造力に富んだ精神から生まれたものだと思うが- 形をなし,孵化した。この組織は,これとかあれとかいった特定の目的のためだけのものであってはならない。それは,戦争や軍備競争に反対し,抑圧されている個人や国民が苦しんでいる不安や不正に反対し,そのような不安や不正を非常に広範な地域でひき起こした人々に反対する運動を前進させるためのあらゆる目的のための組織でなければならない。そのような組織であればさまざまの要求にたいして幅広く応えられるようになるであろう。それはまた状況の変化にともなって,自らを新しい環境に適応させることができるであろう。それゆえ,1963年の私の時間のかなりの部分が,そのような組織をつくる計画の議論に費やされた。こうした論議の仲間の多くは,百人委員会の初期の頃から行動をともにしていた人たちであった。
 仲間は組織づくりの経験がなかったし,私自身もまったく得意ではない。しかし少なくともわれわれの目標に,ある種の首尾一貫した前進(cohesive progession)をもたらすことができた。そして我々が誤ったのは,変化と成長を可能にする柔軟性の側面であった。我々は,この組織づくりの初期には,我々の活動の多くを,以前そうであったと同様にとり運んでいかなければならないという事実に,また,私に関しては,この組織づくりの初期には私が公的責任のほとんどを担い最後の調停者としての立場を保持しなければならないという事実に,直面した。我々はこの組織をしだいに強化していきたいと思った。そうして,その組織の日々の仕事だけでなく,そうした組織が現実に存在するということからそれに伴う責任や組織としての計画がうまれるだろうと思っていた。我々が進んできた跡をふり返ってみると,初めの3年間に,大胆にもなしとげたいと思っていたことよりもはるかに多くのことをなし遂げたように思われる。





v.3,chap.4: Foundation

All this work steadily mounted in demand. By 1963, it was rapidly becoming more than one individual could carry on alone even with the extraordinarily able and willing help that I had. Moreover, the expenses of journeys and correspondence - written, telegraphed and telephoned - and of secretaries and co-workers was becoming more than my private funds could cover. And the weight of responsibility of being an entirely one-man show was heavy. Gradually the scheme took shape, hatched, again, I think, by the fertile mind of Ralph Schoenman, of forming some sort of organisation. This should be not just for this or that purpose. It should be for any purpose that would forward the struggle against war and the armaments race, and against the unrest and the injustices suffered by oppressed individuals and peoples that in very large part caused these. Such an organisation could grew to meet the widely differing demands. It could, also, reorientate itself as circumstances changed. A good part of my time, therefore, in 1963, was taken up with discussing plans for the formation of such an organisation. Many of my colleagues in these discussions had been working with me since the early days of the Committee of 100.
My colleagues were inexperienced in organisation and I myself am not at all good at it, but at least we brought our aims into some sort of cohesive progression, and, where we erred, it was on the side of flexibility which would permit of change and growth. We faced the fact that in the early days of the onganisation our work must be carried on much as it had been, with me bearing most of the public responsibility and holding the position of final arbitrator of it. We hoped to strengthen the organisation gradually. We felt that not only the day-to-day work for it, but the responsibility and the planning should, in time, be borne by it as an entity. As I Iook back upon our progrcss, it seems to me that we achieved far more than we had dared to hope to do in its first three years.

(掲載日:2010.5.12/更新日:2012.7.25)