(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.4

前ページ 次ページ v.3,chap.4 (The Foundation) 目次 Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団


ラッセル英単語・熟語1500
 こうした活動を一つの組織(注:後から説明される「ラッセル平和財団」)の役割として行うことができるようになって以来,過去数年間をとおして,特に最近,私は,世界の多くの地域に実情調査(真相調査)のための代理人を派遺してきた。彼らは,東西の欧州諸国の大部分と,多くの東洋諸国 −カンボジア,中国,セイロン,インド,インドネシア,日本,ヴェトナム− に赴いた。また彼らはアフリカ −すなわちエチオピアとエジプト及び,東アフリカと南アフリカの新興国,に赴いた。それからもちろんのこと,南北の西半球の国々に赴いた。これらの調査員たちは,赴いた国々の首長たちから,また,彼らが関心を持っている問題を扱っている政府の役人や組織の長たちの多くから,歓迎された。そして当然のことながら,一般大衆(公衆)とも語りあった。私自身多くの国々の首長や政府首脳と長い間手紙のやりとりを行ってきたし,彼らと −特に東欧やアジアやアフリカからやってきた首長や政府首脳と− ロンドンで多種多様の国際問題について議論した。特に,英連邦会議の集まりがこのような会合の多くを可能にしてくれた。そうした会合のいくつかは,1965年のバーレインの族長との会合 −それは今でも楽しい思い出だが− の時と同様,楽しいものであり,立派な装飾,即ち,光り輝く目許,ローブ(長くゆるやかな外衣),トルコ人やアラビア人等がたばさむ湾曲刀,宝石,それから背が高くたけだけしい出席者たちが光彩を放っていた。もちろん,私は,重要な諸問題について,ロンドン駐在の各国大使館と頻繁に接触している。

v.3,chap.4: Foundation

Through the last years, and especially recently, since I have been able to act in this work as part of an organisation, I have sent fact-finding representatives to many parts of the world. They have gone to most European countries, 'East' and 'West', and to many eastern countries - Cambodia, China, Ceylon, India, Indonesia, Japan, Vietnam. They have gone to Africa - Ethiopia and Egypt and the newer countries of both East and West Africa. And, of course, they have gone to countries of the Western Hemisphere, both north and south. These investigators have been generously welcomed by the Heads of the countries to which they journeyed and by many of the Government officials and heads of organisations dealing with problems in which they are interested. And, naturally, they have talked with members of the general public. I have myself carried on prolonged correspondence with the various Heads of State and officials, and have discussed in London a variety of international problems with them, particularly with those from Eastern Europe and Asia and Africa. The gatherings for the Commonwealth Conference, especially, made possible many of these meetings. Some of them were entertaining and adorned with the proper trappings - flashing eyes, robes, scimitars, jewels and tall, fierce attendants - as was my meeting with the Sheikh of Bahrein in 1965, the memory of which I rejoice in. On special subjects, of course, I am in frequent touch with the Embassies in London.

(掲載日:2010.5.12/更新日:2012.7.24)