(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

前ページ 次ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場


 私の誕生日の最後の公式の祝賀行事(お祝い)がその次の週にあった。フェンナー・ブロックウェイFenner Brockway, 1888-1988: 英国の政治家,反戦活動家)がたいへん親切にも,私の誕生日を祝して国会下院で開かれた昼食会(午餐会)に私を招待してくれたのである。(しかし)上院及び下院いずれのいかなる議員も,私の誕生日を祝う気持ちになっていることはありそうにないと思っていたので,私は,この昼食会に対していくらか神経質になっていた。私たち夫婦が,宴会(祝宴)が開かれることになっていたハーコート・ルーム(Harcourt Room)に案内されるのを'控え室'で待っていた時,また,議員たちが'食前酒'で元気づけているのをかなり思い悩みつつ見守りながら戸口に立っていた時(に再び),私の緊張は高まった。しかし,昼食会が始まると,それは楽しく,友好的なものであり,出席した大勢の人々は度量が大きい(寛大である)と思った。私は政治家たちの活動に関して(昼食会があるからといって)しばらくの間批判を手加減するということはなかったし,この昼食会においても,議員たちに直接語りかけることは良い機会であり,また実際,責務であるので,手加減することはなかった,と思う。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

The last formal celebration of my birthday took place the following week when Fenner Brockway most kindly invited me to a luncheon in my honour at the House of Commons. I was somewhat nervous of this as it seemed unlikely to me that any Members of either House would turn up to do me honour. My tension mounted as we waited in an anteroom to be led to the Harcourt Room where the banquet was to take place and, again, stood at the door rather wistfully watching the Members fortify themselves with preprandial drinks. But, when the party began, it was pleasant and friendly, and I thought it generous of many of those present to be there. I had not for some time been pulling my punches in regard to the activities of politicians, nor, I fear, did I on this occasion, seeing a chance and, indeed, an obligation, to speak to them direct.

(掲載日:2010.4.11 掲載)