(本館) (トップ) (分館)

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

次ページ 前ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次 Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

の画像
 この計画された市民的不服従の大衆運動イブニング・スタンダード紙に発表された以後は,計画を急いで仕上げる必要があった。しかしその出来事は大きな騒動をひき起こした。CNDの委員長は,彼の友人や執行委員会や新聞社宛に声明を送り,私が彼に内証で,しかもCNDの支配下では許されない新しい運動を始めたと,事実上,私を非難したのである。10月の第一週の間,私は何らかの暫定協定を考え出そうとして,ハスカー・ストリートの私の家(上写真:Hasker Street 43番地の,ラッセルが住んでいたフラットのある建物の入口にたつラッセルと日高一輝氏)で毎日長時間,彼と会談した。彼は,'市民的不服従'という方法を支持していない一人の友人を,この運動を控えめにさせるために,この一連の会談に連れてきた。そこで私は,当時わたくしに賛成すると言っていた一人のCND執行委員会のメンバーに,バランスを保つためこの会談に来てくれるよう頼んだ。私が言ったとか言わなかったとかの論議(証拠のない申し立て)があまりに多くなされたので,私は強く主張し,こうした会談のテープをとってもらい,そのコピーの方は委員長用としてCNDの事務所に送り,オリジナルは私が所持した。
 10月7日までに,われわれは一緒に運動を継続するのを認めるということで意見の一致をみるにいたった。そしてその趣旨の声明を新聞に出した。しかし,私がCND委員長と一緒に仕事をする必要のあるCNDの総裁の地位にとどまることができなくなったこと,またCNDそれ自体が協調を保ちながら運動を進めるためだけだとしても,私は総裁を辞めなければならないということが,間もなくあきらかになった。そこで私は,委員長に手紙を送った後,新聞社へ手紙を送り,CND総裁を辞任した。

 その結果,全国のCNDの支持者たちから手紙や訪問客が雨嵐のように私を襲った。それらの手紙や訪問者たちは,私をいさめ,それらのほとんどがCNDの分裂をひき起こしたといって私を非難した。CNDを分裂させるつもりなど私にはまったくなかったので,私は驚いた。また私がCNDを分裂させたなどとは今でも思っていない。それどころか私は,自分の行動のせいでCNDの活動を弱めた事実はまったく目撃しなかった。CNDは,相互に明らかに信頼しあっていない役員の指導の下でよりも,大雑把にいって意見が一致している役員で構成されているほうがずっとうまくいくだろう,と私には思われた。私は,そう発言もし,またくりかえし言い続けたように,多くのCNDの活動について支持することをやめるつもりなどまったくなかった。私はこのこと及び私の行動の理由について述べた声明書を各地のCND支部に送った。私の知るかぎり,この声明は読まれなかった。11月5日のCND執行委員会で私の辞任が承認された。聞くところによれば,ある執行委員は,私が話したり書いたりしたことで私を'名誉棄損'で訴えるべきだと言っていたとのことである。彼はそんな訴訟などすべきでないと説得された。それは気の毒にも多分私の名声のためだったろう。私は,演説をするように依頼されたCNDの集会では話し続けた。また依然としてウェールズCNDの総裁(会長)のままであった。私はただCNDの政策立案と役員たちの行動に対してCND総裁として私がもっていた責任に対してだけ,興味を失ったにすぎなかった。
v.3,chap.3: Trafalgar Square

After the announcement in the Evening Standard of the proposed mass movement of civil disobedience, it was necessary to hurry through our plans. But the event caused a great uproar. The chairman of CND made statements to his friends and to the Executive Committee and to the press which, in effect, charged me with starting a new movement behind his back and one not permissible within the rulings of CND. During the first week of October, I met with him daily for many hours at my house in Hasker Street to try to work out some modus vivendi. He brought with him to these meetings a friend who was not an upholder of methods of civil disobedience, to put it mildly, so I asked a member of the CND Executive Committee who professed then to be in sympathy with me, to come as balance. At my insistence, because there had been so many allegations as to what I had said and not said, a tape recording was taken of these meetings, a copy of which was sent to the CND offices for the chairman and the original of which I kept.
By October 7th we had come to an agreement which would permit us to continue to work together and gave a statement to that effect to the press. But within a short time it became evident to me that I could not continue in my position of president of the CND, which necessitated work with its chairman, and that, if only to preserve the harmonious working of the CND itself, I must resign. This I did in a letter to the press, following a letter to the chairman.
The result of all this was, for me, a shower - a storm - of letters and visits from upholders of the CND throughout the country, expostulating with me and, most of them, accusing me of causing a split in the CND. This surprised me, as I had no intention of doing so. Nor do I think that I did. Moreover, I observed no weakening in its work owing to my action. It seemed to me that the CND would get on better if it had officers who saw, at least broadly, eye to eye than it would do under the leadership of those who patently did not trust each other. I had no intention, as I said and continued repeatedly to say, of withdrawing my support of much CND work. I sent statements to the various branches of the CND explaining this and the reasons for my actions. So far as I know, these statements went unread. At the CND Executive Meeting on November 5th, my resignation was accepted. One member, I was told, wished me to be sued for libel because of something I had said or written. He was persuaded not to proceed - which was perhaps, for my personal reputation, a pity. I continued to speak at meetings of the CND at which I was asked to speak, and I remained at the head of the Welsh CND. I withdrew only my interest in CND policy-making and any responsibility that, as its president, I had for the actions of its officers.

(掲載日:2010.2.1/更新日:2012.6.7)