(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

前ページ 次ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次 Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場


 シェーンマンの計画は大いに可能性があるように私には思えた。また彼と話し合えばあうほど,私はその計画に好意的になっていった。私は,CNDの委員長市民的不服従運動を承認しないこと,また直接行動委員会に対してさえあまり賛成していないことに,気づいていた。(しかし)また,CND自体はこうした活動を黙認し,行動においてではなくとも,言葉において,しだいに支持するようになりつつあることがわかった。私は委員長とその問題について議論した。彼は,この不服従運動のもたらす効力について反論することも,この新しい運動を私が支持することに反対することもしなかった。彼はただ労働党大会が終わるまではこうした新規の活動について何ごとも発表しないようにと私に強く主張した。彼はその労働党大会において,党が(英国の)一方的核兵器撤廃を決定し,少なくとも我々の信条の若干を採択するだろうことを期待していたのである。私は即座に同意した。
 委員長がこの新しい運動に反対もしなければ支援もしないということがわかったので,我々が日々準備していることについて彼に相談しようとは思わなかった。私はそのような運動を支持してもらうために接近してよい人名のリストをつくる作業をシェーンマンと一緒に行った。手紙は,それらの人々に,私の名前で出された。私は,その手紙はわれわれの運動に賛成しているということがわかっている人々以外には決して出してはならないと強く主張した。しかし不幸にしていくつかの過ちがなされた。一通の手紙が,発送することになっていた人と同じ名前ではあるが宛先が異なっていて,しかもあいにくと考え方が全然正反対の人のところへ送られた。彼はすぐにその手紙を,われわれの活動と意図を中傷する彼自身の手紙を添付して,イブニング・スタンダード紙(1827年創刊のロンドンの夕刊紙)に送った。この手紙は,われわれの計画が完全に形が整う前に,つまり関係者が会合するかなり前に,発表されてしまった。しかもさらに悪いことには,委員長がこの計画を公表すべきだと考える以前であった。1960年9月24日,トラファルガー広場で大規模な集会が開かれ,そこで私は演説をした(右欄写真参照)。その大集会の前,私はCND内で計画中の市民的不服従の新しい大衆運動について演説するということを,委員長に示唆した。彼は,そういうことをすればCNDが(英国)労働党大会に対して影響力を及ぼす機会を損ねるだろうと答えた。そこで私は次のように言った。運輸労働者同盟(The Transport Worksers' Union)の委員長フランク・カズンズ(Frank Cousins, 1904-1986)に相談し,もしこの運動がいずれにせよCNDの求めているものに対して危険なしろものであると彼が考えるならば,私はこの事には言及しないことにしよう,と。フランク・カズンズは私の手紙に対して簡潔な返事をよこして,私が何をなそうが何を話そうが問題ではない,と言ってきた。私は委員長に,カズンズのその手紙のことと,それからその結果私はこの新しい運動について演説をするつもりだということを告げた。彼はそれを容認した。そこで私は(9月24日に)トラファルガー広場でこの新しい運動について演説を行った(しだいである)。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

The scheme seemed to me to have great possibilities and the more I talked with Schoenman the more favourable to it I became. I was aware that the chairman of the CND did not approve of civil disobedience and had little sympathy with even the Direct Action Conmittee. I also knew that the CND tolerated and was coming more and more to support in words if not in action its activities. I discussed the matter with the chairman. He did not dispute the possible efficiency of civil disobedience or oppose my upholding such a new movement. He only urged me not to make any announcement about this fresh effort till after the Conference of the Labour Party when he hoped that the Party might 'go unilateral' and take up at least some of our doctrines. To this I readily agreed.
の画像
enlarge(拡大する!)
Knowing that the chairman would neither oppose nor aid the new movement, it did not occur to me to consult him about our day to day preparations. I went to work with Schoenman to prepare a list of people who might be approached to uphold such a movement. Letters went out to them over my name. I was very insistent that letters should go to no one who was not known to us as being sympathetic, but, unfortunately, mistakes were made. One letter was sent to someone with a name similar to the intended recipient but with a different address and entirely, unhappily, different views. He at once sent our letter to the Evering Standard with a scathing letter of his own about our activitle, and intentions. This was published considerably before our plans were thoroughly formed or the participants gathered, and worse still, before the chairman thought the project should be revealed. There was a big meeting in Trafalgar Square on September 24th at which I spoke. Before it took place, I suggested to the chairman that I speak of the proposed new mass movement of civil disobedience within the CND. He replied that it might injure CND's chances of influencing the Labour Conference. I said that I would consult Frank Cousins, the head of the Transport Workers' Union, and if he felt it in any way dangerous to the desires of CND, I would not touch upon the subject. Frank Cousins replied to my letter briefly, saying that it did not matter one way or the other what I did or said. I informed the chairman of Cousins's letter and of my consequent intention to speak of the new movement. He accepted this, and I spoke of the new movement in Trafalgar Square.

(掲載日:2010.1.19/更新日:2012.6.6)