(本館) (トップ)> (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)AB24-050

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

前ページ 次ページ  v.2,chap.4 (Second Marriage) 目次  Contents (総目次)

第2第4章 再婚(承前)


ラッセル関係電子書籍一覧
 テレグラフ・ハウス近隣マップ)の元の(最初に立てられた時の)家はかなり小さかったが,兄(John Francis Stanley Russell, 12 August 1865 ?〜3 March 1931:第2代ラッセル伯爵)は徐々に増築を行った。彼はその屋敷(と土地)をとても熱愛し,『わが生涯と冒険』(My Life and Adventures)という書名をつけた自伝の中で詳細に書いている。その家はぶかっこうであり,かなり滑稽なものであったが,建てられた場所はとても素晴らしかった。東と南と西に向かっては広大な眺めが得られた。ある方角にはサセックス森林地帯(Sussex Weald)を越えてリース・ヒル(Leith Hill)まで眺めわたすことができ,また別の方角にはワイト島(Isle of Wight )サウサンプトン(港)に近づいてくる(大西洋航路の)定期船を見ることができた。四方(東西南北)に広い窓のある塔もあった。私はこの塔のなかに自分用の書斎をつくったが,その書斎(参考:「現代の物理学)よりも美しい眺望をもったものはこれまで見たことがない。
 その家には230エーカーの荒涼とした低い丘(wild downlandが附属していた。一部にはヒースわらびが茂っていたが,ほとんど大部分は原生林 − 即ち,壮大なブナ林やかなり年代のたった並外れて大きいイチイの林(yews)であった。その森は,鹿をはじめ,野生生物で満ち溢れていた。一番近い隣家は,約1マイル離れたところに2,3軒散在している農家であった。東の方角に向かっては,50マイルの間,囲いがなく,樹木がまったく生えていない小高い草原地帯を越えて,小道(フットパス)を歩いてゆくことができた。
 兄がこの土地を愛したのは不思議ではなかった。しかし兄は,投機に失敗したので,財産を全て無くしてしまった。私は兄に,他の誰よりもずっと高い家賃を支払う申し出をした。彼は,金が無くて困っていたので,私の申し出を受け入れざるを得なかった。だが彼は,それが嫌でたまらなかった。兄は,その後ずっと,自分の楽園に私が住んでいることを恨んだ。

v.2,chap.4: Second Marriage


ラッセルが Beacon Hill School を設立した Telegraph Houseの画像
enlarge(拡大!)
The original house was quite small, but my brother gradually added to it. He was passionately devoted to the place, and wrote about it at length in his autobiography, which he called My Life and Adventures. The house was ugly and rather absurd, but the situation was superb. There were enormous views to East and South and West; in one direction one saw over the Sussex Weald to Leith Hill, in another one saw the Isle of Wight and the liners approaching Southampton. There was a tower with large windows on all four sides. Here I made my study, and I have never known one with a more beautiful outlook.
With the house went two hundred and thirty acres of wild downland, partly heather and bracken, but mostly virgin forest - magnificent beech trees, and yews of vast age and unusual size. The woods were full of every kind of wild life, including deer. The nearest houses were a few scattered farms about a mile away. For fifty miles, going eastward, one could walk on footpaths over unenclosed bare downs.
It is no wonder that my brother loved the place. But he had speculated unwisely, and lost every penny that he possessed. I offered him a much higher rent than he could have obtained from anyone else, and he was compelled by poverty to accept my offer. But he hated it, and ever after bore me a grudge for inhabiting his paradise.


(掲載日:2009.04.05 /更新日:2011.10.11)