(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)AB24-040

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

前ページ 次ページ v.2,chap.4 (Second Marriage) 目次  Contents (総目次)

(第2巻第4章 再婚)(承前)


ラッセルの言葉366
 1927年に,ドーラと私は,自分たちが最良と考える教育をするために学校を設立するという決定をした。その決定の責任は二人に等しくあった。私たちは,−−恐らく間違いがあったのであろうが−−,子供には他の子供たちの集団との交わりが必要であり,従って,これ以上,我が子を他の子供たちから引き離して育てることで満足していてはいけない,と信じていた。しかし,既存の学校で,多少とも満足できそうに思えたものは一つも見つけられなかった。私たちは,通常存在しない組み合わせを欲していた。即ち,一方では,上品(淑女)ぶることや,宗教教育や,因襲的な学校で当然と考えられている大幅な自由の制限が嫌いだった。他方では,学問的な教育を重要でないと考え,規律(や躾)の全廃を唱えたりする多くの「現代的な」教育家にも賛成できなかった。それゆえ,私たちは,我が子のジョンやケイトとほぼ同じ年頃の約20人ほど子供たちを集めることに努力し,それらの子供たちを全学校課程を通して預かろうと考えた。
 この学校のために,チチェスターとピータースフィールドの間のサウス・ダウンズにある兄の家のテレグラフ・ハウス(Telegraph House, Harting, Petersfield 右上写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981)を借りたSouth Downs in the Spring(YouTube の動画)/右写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981)。この家は,ジョージ三世時代に信号所であったことからテレグラフ・ハウス(Telegraph House)」という名前がつけられていた。ポーツマスとロンドンの間で通信を伝達する一連の手旗信号所(semaphore stations)の一つであった。トラファルガー沖海戦勝利のニュースも,多分この方法(手旗信号)で伝達されたものと思われる。(注:モールス符号を利用した送信実験が成功したのが1844年であることから,'Telegraph House' という名称であっても,1805年10月21日のトラファルガ作戦の時,ニュースは,'電信'ではなく,'手旗信号'でおくられたと思われる。)

v.2,chap.4: Second Marriage


ラッセルが Beacon Hill School を設立した Telegraph Houseの画像
enlarge(拡大!)
In 1927, Dora and I came to a decision, for which we were equally responsible, to found a school of our own in order that our children might be educated as we thought best. We believed, perhaps mistakenly, that children need the companionship of a group of other children, and that, therefore, we ought no longer to be content to bring up our children without others. But we did not know of any existing school that seemed to us in any way satisfactory. We wanted an unusual combination: on the one hand, we disliked prudery and religious instruction and a great many restraints on freedom which are taken for granted in conventional schools; on the other hand, we could not agree with most "modern" educationists in thinking scholastic instruction unimportant, or in advocating a complete absence of discipline. We therefore endeavoured to collect a group of about twenty children, of roughly the same ages as John and Kate, with a view to keeping these same children throughout their school years.
バートラド・ラッセルの兄フランクの肖像写真
enlarge(拡大!)
For the purposes of the school we rented my brother's house, Telegraph House, on the South Downs, between Chichester and Petersfield. This owed its name to having been a semaphore station in the time of George III, one of a string of such stations by which messages were flashed between Portsmouth and London. Probably the news of Trafalgar reached London in this way.

(掲載日:2009.04.02 /更新日:2011.10.09)