(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)AB22-150

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

次ページ 前ページ v.2,chap.2 (Russia) 目次 Contents (総目次)

第2巻第2章 ロシア(承前)


ラッセル関係電子書籍一覧
 私たちは,(モスクワから)蒸気船ヴォルガ川を下った。すると,クリフォード・アレン(Clifford Allen, 1889-1939) は,肺炎で重病になり,それが原因で以前患ったことのある肺結核を再発させた。私たちは,サラトフ(サラートフ/ロシア語:Саратов:ロシア連邦の都市。沿ヴォルガ連邦管区に含まれるサラトフ州の州都)で下船する予定であったが,アレンが重病で動かすことができなかったので,ハーデン・ゲストとミセス・スノードンと私の3人は,彼の世話(看病)をするために船中に残った。その間,船はアストラハンまで旅を続けた。彼の船室は非常に狭く,想像を越えるほど暑かった。マラリア蚊が入ってくるのを防ぐために,窓は密閉しておかなければならず,また,アレンは激しい下痢に苦しんだ。私たちは,交替で彼を看病しなければならなかった。というのは,ロシア人看護婦が船に乗っていたが,彼女は,彼が死んで幽霊となって自分にとりつくのではないかという恐れから,夜彼のそばにいることを怖がったからである。
 アストラハン(ロシア語:Астрахань アーストラハニ;Astrakhan/ヴォルガ川下流域デルタに位置するアストラハン地方の首都でカスピ海岸から約90kmのところにある。羊皮集散地。)は,私がそれまでに想像したいかなるものよりもひどい地獄のようなところであると思われた。その町の給水は,アストラハンに入ってくる船舶が廃棄物を捨てる川の場所と同じところからとられていた。どの通りにも腐敗した泥水がたまり,それが何百万という蚊を繁殖させた。毎年,住民の三分の一がマラリアにかかった。下水道システム(排水処理システム)>がまったくなく,街の真ん中の目立つ場所に,排泄物(糞便)>の山ができていた。ペスト(Plague)が風土病のように流行していた。(注:日高氏は,「'プラーグ'では風土病がはやっていた。その少し前,デニキンに叛逆する内乱が勃発して,プラーグで戦闘が行なわれていたのだった。」と訳されているが,ここではアストラハンでの出来事を話題にしているのであり,'Plague' は地名ではなく,ペストのこと)。我々がアストラハンに到着した少し前に,デニキン(Anton Ivanovich Denikin, 1872-1947:ロシア反革命軍の指導者)に叛逆する内乱が起こり,戦闘が行われていた。がとてつもなくたくさん飛んでいたために,食事時には,食べ物の上にテーブル・クロースをかけ,そうしてテーブルクロスの下に手を入れて,一口分の食べものをすばやく取り出さなければならなかった。テーブル・クロースが落ちるやいなや,がたかって完全に真黒になり,そのため食べ物は何一つ見えなくなった。アストラハンの土地は,海面よりもかなり低く,気温は日陰でも華氏120度(注:摂氏になおすと48.9度)もあった。その土地の指導的な医者たちは,私たちに付き添っていたソビエト政府の役人たちから,ハーデン・ゲストマラリアとの闘いについて話すのを,聴いておくように命じられていた。マラリアとの闘いは,以前,ハーデン・ゲストがパレスチナに駐屯している英国軍のために取り担んでいた問題であった。彼はこの問題について賞賛すべき講義を行った。講義が終わった時,それらの医者たちは,次のように言った。「はい,私たちは,言われたことは全て知っています。それにしてもとても暑いですね」。その後ソ連政府の役人たちが,次回そこへもどって来た時には,それらの医者たちは多分殺されたであろう想像するが,それについては私はまったく知らない。当の医者たちの中で最も著名な人物がクリフォード・アレンを診察し,彼は,アレンはあと2日間ももたないだろう,と私に告げた。それから約二週間後,私たちがアレンをレヴァル(Reval:エストニア共和国の首都で,現在の Tallinn)に連れ出した時,彼を診察したその土地の医者が,再び,彼は2日間もたないだろう,と私に言った。しかしその頃には,私は,アレンの生きる決意のようなものがわかるようになったので,それほど驚かなかった。彼はその後生きながらえ,後に,英国上院の誉れといわれる人物になった(注:1939年に50歳で亡くなった。
右上地図出典:Google Sattelitte, c2007.

We went down the Volga on a steamer, and Clifford Allen became extremely ill with pneumonia, which revived the tuberculosis from which he had previously suffered. We were all to leave the boat at Saratov, but Allen was too ill to be moved, so Haden Guest, Mrs Snowden and I remained on the boat to look after him, while it travelled on to Astrakan. He had a very small cabin, and the heat was inconceivable. The windows had to be kept tight shut on account of the malarial mosquitoes, and Allen suffered from violent diarrhoea. We had to take turns nursing him, for although there was a Russian nurse on board, she was afraid to sit with him at night for fear that he might die and his ghost might seize her.
Astrakhan seemed to me more like hell than anything I had ever imagined. The town water-supply was taken from the same part of the river into which ships shot their refuse. Every street had stagnant water which bred millions of mosquitoes; every year one third of the inhabitants had malaria. There was no drainage system, but a vast mountain of excrement at a prominent place in the middle of the town. Plague was endemic. There had recently been fighting in the civil war against Denikin. The flies were so numerous that at meal-time a table-cloth had to be put over the food, and one had to insert one's hand underneath and snatch a mouthful quickly. The instant the table-cloth was put down, it became completely black with flies, so that nothing of it remained visible. The place is a great deal below sea-level, and the temperature was 120 degrees in the shade. The leading doctors of the place were ordered by the Soviet officials who accompanied us to hear what Haden Guest had to say about combating malaria, a matter on which he had been engaged for the British Army in Palestine. He gave them an admirable lecture on the subject, at the end of which they said: Yes, we know all that, but it is very hot.' I fancy that the next time the Soviet officials came that way those doctors were probably put to death, but of this I have no knowledge. The most eminent of the doctors in question examined Clifford Allen and informed me that he could not possibly live two days. When about a fortnight later we got him out to Reval, the doctor who examined him there again told me that he could not live two days, but by this time I had come to know something of Allen's determination to live, and I was less alarmed. He survived for many years, and became an ornament of the House of Lords.
https://www.animationlibrary.com/a-l/
(掲載日:2007.01.12 更新日)