(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ 第1巻 第4章(婚約期間)累積版 総目次


ラッセル関係電子書籍一覧
 私は,1893年5月成人(松下注:21歳/20歳でないことに注意/参考:21st celebration)に達した。この時から私とアリスとの関係は,尊敬しあうがよそよそしいところのある(←距離感がある)状態を乗り越えたものになり始めた。翌月私は,ケンブリッジ大学の数学学位(学士)優等試験で1級合格者の第7席に入り,また法律上及び経済的な自立を獲得した。アリスはいとこと一緒にケンブリッジにやって来た。そこで私は,以前よりも,彼女と語り合う機会をより多く持った。(その年の)夏期休暇期間に,彼女は,同じ'いとこ'とともに,再びケンブリッジにやって来た。私はアリスにそのいとこが帰ったあとも一日一緒にいるように頼んだ。私たちはケム川でボートに乗った(Cam River:ケム・リバー/下写真参照)に行った。そして'離婚(の問題)について議論した。私よりも彼女の方が,(愛情がなくなった場合の離婚により賛成であった。彼女は,理論上は,自由恋愛の信奉者(自由恋愛論者)であり −私自身は自由恋愛に対し,アリスよりも厳しい見方をしていたけれども,− 私はそのことを彼女の称賛すべき点と考えた。けれども,彼女の姉(Mary Costelloe/旧姓 Mary Pearsal Smith)>が夫を捨て,美術評論家のベレンソン(Bernard Berenson,1865−1959/右下写真参照)のもとにいったことを,彼女が深く恥じているのを知り,(彼女の日頃の主張と異なるので)私は少し当惑した。実際,彼女がベレンソンを認めることに同意したのは,私たちが結婚した後のことであった。

I came of age in May 1893, and from this moment my relation with Alys began to be something more than distant admiration. In the following month I was Seventh Wrangler in the mathematical Tripos, and acquired legal and financial independence. Alys came to Cambridge with a cousin of hers, and I had more opportunities of talking with her than I had ever had before. During the Long Vacation, she came again with the same cousin, but I persuaded her to stay for the inside of a day after the cousin was gone. We went on the river, and discussed divorce, to which she was more favourable than I was. She was in theory an advocate of free-love, which I considered admirable on her part, in spite of the fact that my own views were somewhat more strict. I was, however, a little puzzled to find that she was deeply ashamed of the fact that her sister had abandoned her husband for Berenson, the art critic. Indeed, it was not till after we were married that she consented to know Berenson.
下写真出典)R. Clark's The Life of B. Russell, 1975.
の画像
拡大する!(enlarge)>
(掲載日:2005.07.22/更新日:2011.3.5)