(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』14-07(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第4章(婚約期間)累積版  総目次
* Beatrice Webb(1858-1943)のホームページ

 ウェッブ夫妻は,二人とも,基本的には非民主的であり,一般大衆(民衆)を言葉巧みに欺いたり,恐れさせることを,政治家の役割と考えていた。ウェッブ夫人の父(Richard Potter, 1817-1892)が書いた株主総会に関する記述について,彼女が繰り返し語ってくれた時,私は,ウェッブ夫人の政治観の源泉がわかった。株主を自分たちの側にひきつけておくことが取締役たちの公認の役割であり,彼女は,'政府と選挙民との関係'についてもそれと同様の見方をしていた。
 ベアトリスの父は彼女に自分の経歴をいろいろ語ったが,その影響で彼女が(彼女の父のような)偉大な人物を過度に尊敬するようになることはまったくなかった。彼女の父は,クリミア(黒海北岸のソ連南西部の半島)にフランス軍の冬季用の仮兵舎を建てた後,その代金の支払いを受けるためにパリに行った。彼はほとんど全ての財産をその兵舎を建てるために費やしており,支払いをうけることは彼にとって重要な問題になっていた。しかしパリでは誰もが彼に対する債務を認めていたが,小切手はもらえなかった。とうとう彼は,同様の用向きでパリに来ていたブラッシー卿(Lord Thomas Brassey/右写真)に会った。ポッター氏が困難な状況についてブラッシー卿に説明すると,ブラッシー卿は笑いながら次のように言った。「ねえ君,君は仕事のこつを知らないんだね。大臣には50ポンド,それからその手下(部下)にはそれぞれ5ポンドずつやらなければならないんだよ。」 ポッター氏は言われる通りにした。すると翌日小切手が渡された。(松下注:Lord は,爵位をもっていない貴族の息子にも呼称として使われるが,鉄道建設家の Thomas Brassey,1805-1870 は,貴族の息子ではなく,爵位ももっていなかったと思われる。同姓同名の息子 Thomas Brassey, 1836-1918は,1881年に1代限りの爵位を授けられ,1886年には初代ブラッシー男爵,1911年には初代ブラッシー伯爵となっている。クリミア戦争は,1853~1856であることから考えると,ここに出てくるブラッシーは,父親の方であると考えるのが自然であろう。'Lord (卿)'の呼称をつけたのは,ラッセルの勘違いではないだろうか?)
 シドニー・ウェッブは,無節操と考えられるような策略を使うことを少しもためらわなかった。たとえば彼は,多数が反対しているある論点を委員会で通過させたいと思った時は,いつもその'係争点'が(同じ決議文の中に)2度出て来るように決議案を作成した,と私に語っていた。それが最初に出て来たところで長い時間かけて討論をし,最後には愛想よく譲歩する。十中八九,その論点と同じものが,同一決議案の後ろの方にまた出て来るとは誰も気がつかないだろう,と彼は結論を下した。(松下注:日高氏は,「十回のうち九回は愛想良く譲歩し・・・」,と誤訳されている。)
Both of them were fundamentally undemocratic, and regarded it as the function of a statesman to bamboozle or terrorise the populace. I realised the origins of Mrs Webb's conceptions of government when she repeated to me her father's description of shareholders' meetings. It is the recognised function of directors to keep shareholders in their place, and she had a similar view about the relation of the Government to the electorate.
Her father's stories of his career had not given her any undue respect for the great. After he had built huts for the winter quarters of the French armies in the Crimea, he went to Paris to get paid. He had spent almost all his capital in putting up the huts, and payment became important to him. But, although everybody in Paris admitted the debt, the cheque did not come. At last he met Lord Brassey who had come on a similar errand. When Mr Potter explained his difficulties, Lord Brassey laughed at him and said, 'My dear fellow, you don't know the ropes. You must give fifty pounds to the Minister and five pounds to each of his underlings.' Mr Potter did so, and the cheque came next day.
Sidney had no hesitation in using wiles which some would think unscrupulous. He told me, for example, that when he wished to carry some point through a committee where the majority thought otherwise, he would draw up a resolution in which the contentious point occurred twice. He would have a long debate about its first occurrence and at last give way graciously. Nine times out of ten, so he concluded, no one would notice that the same point occurred later in the same resolution.

(掲載日:2005.07.09/更新日:2011.2.19)