(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版 総目次

ラッセル関係電子書籍一覧
 私が初めてムーア(G. E. Moore, 1873-1958)の優秀さに気づいたのは,使徒会('ザ・ソサエティ:The Society)においてであった。彼が次の一文で始まる論文を読んだ(読み上げた)のを記憶している。「初めに'物質'が存在した。次に'物質'が'悪魔'を生んだ。続いて,'悪魔'が'神'を生んだ。(注; begat は beget の過去形) その論文は−−(その後)まず神が死に,次に悪魔が死に−−物質のみが(世界の)始まりと同じ状態で残ったところで終わった。この論文を読み上げた時,彼はまだ新入生であり,ルクレティウス(Lucretius, 紀元前99年頃 - 紀元前55年/ローマ共和政期の詩人,哲学者)の熱心な信奉者であった。
 日曜日には,朝食を遅くとり,それから夕食時まで,一日中歩いて過ごすのが私たち(注:ケンブリッジの学生たち)の習慣であった。そうして私は,ケンブリッジから10マイル以内のところの道路や(野原のなかの)小道も全て,またさらに遠いところにある道路の多くも,知るようになった。概してケンブリッジでの生活は幸福であり,比較的穏やかであったが,月光の夜は,一時的な発狂状態となり,ケンブリッジ近郊の田舎いったいをよく疾走した。もちろんそれは−−その当時は気づいていなかったが−−性欲が原因であった。
 私(我々)の時代以後,使徒会は,ある点で変化があった。使徒会のメンバーの2人,ジョージ・トレヴェリアン(George M. Trevelyan, 1876-1962) とリットン・ストレイチー(Giles Lytton Strachey, 1880-1932)の間に長く尾をひいた戦いがあったが,リットン・ストレイチーが,総体的にいえば,勝利を得た。彼(ストレイチー)の時代になってから,会員の間の同性愛関係が一時期あたりまえになったが,私(我々)の時代には,同性愛関係は知られていなかった(→あったかも知れないが,表沙汰になるようなことはなかった)。
It was in 'The Society' that I first became aware of Moore's excellence. I remember his reading a paper which began: 'In the beginning was matter, and matter begat the devil, and the devil begat God.' The paper ended with the death first of God and then of the devil, leaving matter alone as in the beginning. At the time when he read this paper he was still a freshman, and an ardent disciple of Lucretius.
On Sunday it was our custom to breakfast late, and then spend the whole day till dinner-time walking. I got to know every road and footpath within ten miles of Cambridge, and many at much greater distances, in this way.
In general I felt happy and comparatively calm while at Cambridge, but on moonlight nights I used to career round the country in a state of temporary lunacy. The reason, of course, was sexual desire, though at that time I did not know this.
After my time 'The Society' changed in one respect. There was a long drawn out battle between George Trevelyan and Lytton Strachey, both members, in which Lytton Strachey was on the whole victorious. Since his time, homosexual relations among the members were for a time common, but in my day they were unknown.

(掲載日:2005.06.14/更新日:2011.1.29)