(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版 総目次
 トリニティ・コレッジ(ケンブリッジ大学の一学寮)の教師たちは,私がケンブリッジ(大学)の生活を楽しむのにほとんど寄与しなかった。(参考:ケンブリッジの学寮について)トリニティ・コレッジの学寮長は,サッカレー(William Makepeace Thackeray, 1811〜1863)の著「(英国の)俗物たち」からまっすぐこの世に生まれ出たような人物であった。彼はたいてい,「ちょうど30年前の今日・・・」とかあるいは「小ピット(注:William Pitt, 1759〜1806。ケンブリッジ大学卒で,24歳で首相となる。英国の大政治家である大ビット(名前は同じく William Pitt)の息子)が百年前の今日,何をやろうとしていたか,ひょっとして,諸君は記憶しておられるだろうか」という言葉で,話し始めた。そうして,話を進め,歴史上に名が残っている政治家は皆いかに偉大でありかついかに立派であったかということを示すために,ごく退屈な逸話をいくつか語ったものである。学寮長の書簡のスタイルは,私がケンブリッジ大学における数学の学位試験(学士の)の7番目の一級合格者としてあげられた時に,私に書き送ってくれた手紙に,よく例証されている。(右ページ写真は,1893年のラッセル/出典:『ラッセル自叙伝』v.1)
 即ち,
 親愛なるB.ラッセル君,
 今回の君の大勝利がいかに私たちを喜ばせたか,とても言葉につくせません。私がハロー・スクールで,君の親愛なる父上の手に第5年級ラテン語散文賞を授与してからちょうど33年が経過しました。(松下注:form 英国中等学校の年級/通常,1〜6年級まであり)。そして私は今,その息子と彼の母(ラッセルの祖母)に対し,トリニティ・コレッジにおいて,高く評価されると思われる,君の素晴らしい数学上の成功について,お祝いの言葉を述べることを許されました。私たちは君の数学上の能力を知っていましたが,同時にまた君が全ての知力を数学に注いでいたわけではなく,おそらくより多くの知力を,他のいくつかの主題に対し費やしていたことを知っていました。もしもそれによって君の数学上の地位が大きくスポイルされたならば,私も当然遺憾に思ったでしょうが,しかし実際は,埋め合わせる以上のものがあることがわかりました。
 さて,幸いにも,ただお祝いをのべるのみです。そうして,君は,数学において損失を残したかもしれないという疑念を持たずに,心静かに,精神科学(moral sicence: ,自然科学に対する学問の総称。/日高氏は,「倫理学」と訳されているが誤解を招きやすい。)の優等卒業試験や特別研究員(の資格)を期待しておられるでしょう。私はここに喜んで,レディ・ラッセル(ラッセルの父方の祖母〕及びレディ・スタンレィ(ラッセルの母方の祖母)に一筆お祝いのことばを申しあげなければなりません。おふたりにとりましてもほんとうにお喜びの日になると存じます。
 敬 具

 1893年6月13日
 H.モンターグ・バトラー
  トリニティ・コレッジ学寮長
  トリニティ学寮長邸にて

  * Henry Montagu Butler,1833−1918:
の画像
enlarge(拡大)
The dons contributed little to my enjoyment of Cambridge. The Master came straight out of Thackeray's Book of Snobs. He generally began his remarks with 'Just thirty years ago today ...' or with, 'Do you by any chance remember what Mr Pitt was doing one hundred years ago today?', and he would then proceed to relate some very tedious historical anecdote to show how great and good were all the statesmen mentioned in history. His epistolary style is illustrated by the letter that he wrote tne after the mathematical tripos in which I was bracketed seventh wrangier:


Kindle series
Trinity Lodge
Cambridge,
June 13th 1893

My dear B. Russell
I cannot tell you how happy this grand victory has made us. Just 33 years have passed since I placed the Fifth Form Prize for Latin Prose in the hands of your dear Father at Harrow, and now I am permitted to congratulate his son and his own Mother on a remarkable Mathematical success which will be much appreciated in the College. We knew your Msthematical ability but we knew also that you had not given your whole mind to Mathematics but had bestowed large parts of it on other, possibly even greater, subjects. If this had seriously spoiled your Mathematical position I should of course have regretted it, but I should have understood that there were solid compensations.
Now there is happily nothing but congratulation, and you will look forward quietly to the Moral Science Tripos and the Fellowship without any misgiving that you have left behind you a Mathematical waste. I must give myself the pleasure of writing just a few lines to Lady Russell and Lady Stanley. This will be a happy day for both of them.

Believe me to be,
Most truly yours,
H. Montagu Butler
(Master of Trinity)