(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-13(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次
* 時間について

  私のケンブリッジ時代のもう一人の友人に,哲学者のマクタガート(McTaggart, John McTaggart Ellis, 1866-1925/右写真)がいたが,彼は私よりもなおいっそう内気であった。ある日,私は,私の部屋のドアをノックする音を聞いた−−非常にやさしいノックであった。私は「どうぞ(カム・イン)」と言ったが,何も起こらなかった(何の返事もなかった)。私は「どうぞ!」ともっと大きな声で言った。ドアーが開き,(靴ぬぐいの)マットの上にマクタガートが立っているのが見えた。彼はすでに,(ケンブリッジ大学)トリニティ・コレッジの学生連盟TCSU: Trinity College Student Union)の会長をしており,トリニティの特別研究員になろうとするところであり,その形而上学における名声により,私は彼に畏敬の念を抱いていた。しかし,彼はとても内気で私の部屋に入ってこれず,私もまたとても内気で部屋に入るよう頼めなかった。その状態が何分続いたか覚えていないが,彼は,どのようにしてかわからないが (somehow or other),ついには入室した。
 その後私は ,彼と一緒に朝食をとるために,彼のところによく出かけた。彼の朝食は質素なことで有名であり,事実,朝食時に一度彼のとこに行ったことがある者は,その後はいつも卵を1つ持参していった。
 マクタガートは,へーゲリアンであり,その当時はまだ若くて熱狂的な性格であった。彼は当時の我々の世代に大きな知的影響力をもっていたが,ふり返ってみると,その影響力は,非常によいものであったとは思わない。2,3年の間,彼の影響のもと,私はへーゲリアンであった。大学4年生の時,私も'へーゲリアン'の一人になったまさにその瞬間をおぼえている。私はタバコ(の葉)を一罐買いに外出していたが,それを持ってトリニティ小路を通って戻りつつあったその時,突如として私はそれを空中に放り投げてこう叫んだ−−「そのとおりだ!(神はブーツを履いている=存在している!) その存在論的論証は正しい!」(松下注:'Great God in boots! の訳し方がおかしい場合はご教授ください。
 1898年以後私はもはやマクタガートの哲学を受け入れなかったが,第一次世界大戦中に私の意見にはがまんがならないので今後はもう会いに来ないようにと彼が告げたその時まで,私はずっと彼が好きであった。このように私を拒絶したことに続いて,彼は私をトリニティ・コレッジの講師職から追放することに指導的役割を果たした。
* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

Another friend of my Cambridge years was McTaggart, the philosopher, who was even shyer than I was. I heard a knock on my door one day - a very gentle knock. I said: 'Come in', but nothing happened. I said, 'Come in', louder. The door opened, and I saw McTaggart standing on the mat. He was already President of The Union, and about to become a Fellow, and inspired me with awe on account of his metaphysical reputation, but he was too shy to come in, and I was too shy to ask him to come in. I cannot remember how many minutes this situation lasted, but somehow or other he was at last in the room.
After that I used frequentiy to go to his breakfasts, which were famous for their lack of food; in fact, anybody who had been once, brought an egg with him on every subsequent occasion.
McTaggart was a Hegelian, and at that time still young and enthusiastic. He had a great intellectual influence upon my generation, though in retrospect I do not think it was a very good one. For two or three years, under his influence, I was a Hegelian. I remember the exact moment during my fourth year when I became one. I had gone out to buy a tin of tobacco, and was going back with it along Trinity Lane, when suddenly I threw it up in the air and exclaimed : 'Great God in boots! - the ontological argument is sound !'
Although after 1898 I no longer accepted McTaggart's philosophy, I remained fond of him until an occasion during the first war, when he asked me no longer to come and see him because he could not bear my opinions. He followed this up by taking a leading part in having me turned out of my lectureship.