(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版 総目次

ラッセル関係電子書籍一覧
 ケンブリッジ大学時代の初期に出会い,ずっとつきあいが続いていた友人として,ローズ・ディキンソン(Goldsworthy Lowes Dickinson ,1862-1932)ロジャー・フライ(Roger Fry,1866-1934)の2人がいた。ディキンソンは穏やかな性格であり,またどことなく哀愁を感じさせるところがあり,それによって人に愛情を抱かせるタイプの人間であった。彼が特別研究員で私がまだ学部生であった時,私は,'不愉快な'真実を,また真実だと思ったことを,いくらか粗野に言ってしまい,そのことで彼を傷つけがちだということに気づくようになった。(当時の)世界情勢は私を辛辣にさせたが,彼の場合は,ただ悲嘆にくれるだけであり,彼の晩年にいたるまで,私が彼と会った時は,(世界情勢の話になると)彼をいつも悲しませ,私のあまりにも強固な現実主義のために彼の不幸を増大させはしないかと恐れた。しかし'現実主義'という言葉はたぶん適切な言い方ではないだろう。私の真意は,ほとんど耐えられないと思う事柄について,他の人々にも怒りを共有してもらうために,断固としてはねつけるような仕方で物事を記述する行為(実践)である。彼はある時私がコーデリアに似ていると言ったが,しかし彼はリア王に似ていたとは言いえない。
Two other friends whom I met in my early days in Cambridge and retained ever since, were Lowes Dickinson and Roger Fry. Dickinson was a man who inspired affection by his gentleness and pathos. When he was a Fellow and I was still an undergraduate, I became aware that I was liable to hurt him by my somewhat brutal statement of unpleasant truths, or what I thought to be such. States of the world which made me caustic only made him sad, and to the end of his days whenever I met him, I was afraid of increasing his unhappiness by too stark a realism. But perhaps realism is not quite the right word. What I really mean is the practice of describing things which one finds almost unendurable in such a repulsive manner as to cause others to share one's fury. He told me once that I resembled Cordelia, but it cannot be said that he resembled King Lear.