(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell

 前ページ 次ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版 総目次


ラッセル関係電子書籍一覧
 彼は,晩年,余暇の多くを哲学に関する1冊の本を書くことに費やしたが,それを彼は,ある戯曲に出てくる一老人 −−パイ料理を作るしか能が無く,たった一つの野望というのが一度でよいから死ぬ前に本当においしいパイを作ることである老人−− にそれとなく言及し,要するに自分は,(自分の)「パイ料理」を作っている(にすぎない)のだ,と卑下して言っていた。彼が若い時に,彼の主たる知的関心事は,ギリシア詩の次は,哲学であった。(従って)私が初めて彼を知った時,私たちは,倫理学と形而上学に関する議論に多くの時間を費やした。彼は多忙な職業生活を送っていたため,中年時代(壮年時代)はずっと実際的な事柄に従事しなければならなかったが,最後には,再び純粋に理論的な思考に時間をさくことができるようになり,彼は心から喜んでそれ(理論的な思考)にもどっていった。彼は,ちょうど人がその一番大切にしているものをなくしてしまうことがあるように,その本の完成間近で,彼はその本の原稿を紛失してしまった。彼はそれを汽車に置き忘れたのである。そうしてその原稿はついに戻ってこなかった。誰かがそれを経済的価値があるものだと思い,盗んだにちがいなかった。彼はその本を失くしたことを悲しそうだが手短に話し,そうして,手元にあるわずかなノートをもとに最初からやり直すよりほかないと言った。そうして,その後,彼は話題を変えた。(松下注:日高一輝氏は,クロンプトンが「それから後,彼は'主題'を変えた。」と訳されているが,最後の文章を読めばわかるように,彼は死の直前までその'主題'についてまとめる努力をしている。即ち,"change the subject" は,原稿を失くしたという辛い話はやめて,'話題'を変えたことを言っており,不適切な訳し方である。)彼が死亡するまで残された数ヶ月間,私たちはあまり彼と会う機会がなかった。しかし彼と会った時,彼は依然として陽気かつ情愛が深かった。彼は残りの精力の大部分を,失くした著作をまとめることに費やした。しかし彼のパイ料理はついに完成しなかった。
In his last years he spent much of his leisure in writing a book on philosophy, which he referred to disparagingly as his 'pie-dish' in allusion to an old man in a play who had only one talent, the making of pie-dishes, and only one ambition, to make a really good pie-dish before he died. After Greek poetry, philosophy had been, when he was young, his main intellectual preoccupation; when I first knew him, we spent much time arguing about ethics and metaphysics. A busy professional life had kept him, throughout his middle years, engaged in practical affairs, but at last he was able to spare some time for purely theoretical thinking, to which he returned with wholehearted joy. When the book was nearly finished he lost it, as people do sometimes lose the things they value most. He left it in a train. lt was never recovered. Someone must have picked it up in the hope that it had financial value. He mentioned the loss, sadly but briefly, said that there was nothing for it but to begin all over again from the few notes he had, and then changed the subject. We saw less of him during the few months that were left before his death, though when we did see him he was as gay and affectionate as ever. He was spending most of his spare energy on trying to make up the work that was lost; but the pie-dish was never finished.