(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-09(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次

 彼の晩年,私たちは −つまり彼と私の妻と私の3人は− 夕食後よく一緒に,ロンドン市内を散歩した。私たちがクリストファー・レン(Christopher Wren, 1632-1723: 英国の建築家)によって再建された聖クレメント・デーンズ教会(St Clement Danes:The Strand London WC2 にあり/ 右写真)を通り過ぎる時,クロムプトンはよく,彼の好きな眺めの1つである,鮮やかな白みがかった青色の夜空(注:glowing blue/右欄画像=PCラック内部)に向かってぼんやりとそびえ立つ尖塔を見上げるよう,注意をうながすために,腕を組んで歩いていなかったときは,そこへ来るといつも私たちの腕をつかまえた。
(松下注:日高一輝氏は,Wren を「英国海軍婦人部隊」と勘違いし,「英国海軍婦人部隊の・・・教会」と誤訳されている。/また,'the spire standing out dimly against the glowing blue of the evening sky' のところを,「あかね色の夕焼け空にぼんやりとそびえ立つ尖塔・・・」と訳されている。私は,イギリスに夏には1回しかいったことがないのであまり実感できませんが,英国の夏は日没が午後10時頃であり,夜9時はまだ明るいとのこと。。(また)彼はこういった散歩中,時々,道で出会った人たちと会話をした。多分'地価'についてだったと思うが,彼がある公園管理人と熱心に議論していたのを,私は記憶している。その公園管理人は最初,自らの階級と公的地位を思い起こそうという決意のもと,礼儀正しいが,不同意をもってクロンプトンを遇した。(英国社会の常識では)見知らぬ人間があまりにも容易に見知らぬ人間に話しかけるべきではなく,紳土労働者とそんなになれなれしくすべきではなく,また誰も執務中の役人に話しかけていけない。しかしこのような堅苦しさは,すぐに和らいだ。クロムプトンは心から民主的であった。彼はいつも,彼が事件を扱っているインドのラジャ(王侯)のような重要人物に対すると同じ(声の)調子で自分が雇用した事務員や召使いに話しかけた。二間(だけ)のアイルランド式の小屋でのマナーも,名士たちのパーティでのマナーと全く同じであった。私は彼が,私の家で使っていた小間使いが彼の一家と同じ地域から来たということを聞いて,とても丁重に,立ち上がり,頭を下げ,握手したか,記憶している。
In his last years we often walked together in London after dinner, he and my wife and I. Crompton would take our arms, if he were not holding them already, as we passed Wren's church of St Clement Danes, to remind us to look up at one of his favourite sights, the spire standing out dimly against the glowing blue of the evening sky. On these walks he would sometimes get into conversation with people that we met. I remember him engaging a park-keeper in an earnest discussion, perhaps of land values. The park-keeper was at first determined to remember both his class and his official position, and treated Crompton with respectful disapproval.
Strangers ought not to be so ready to talk to strangers, gentlemen should not be so easy with workingmen, and no one should talk to officials on duty. But this stiffness soon melted. Crompton was truly democratic. He always spoke to his clerks or his servants with the same tone that he would have used to an important person such as one of the Indian Rajahs whose affairs he handled, and his manner in a two-roomed Irish cabin was exactly the same as in a party of celebrities. I remember with what grave courtesy he rose to bow and shake hands with our parlourmaid, on hearing that she came from the same district as his family.