(本館) (トップ)> (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版 総目次
 彼はその気性から,無政府主義の傾向があった。即ち,彼は制度や組織や画一性を嫌った。ある時,彼と一緒にウェストミンスター・ブリッジ(右欄写真)の上にいた時,彼ははげしい往来のある道路の真ん中に小さなロバ曳き荷車を見つけ,嬉しそうに指さした。そして,こう言った。「あれこそ僕が好きなものだ,あらゆるものからの自由だ。」
の画像
拡大する!(enlarge)
 また別の機会に,私がアイルランドで彼と一緒に歩いている時,2人でバス乗り場に向かったが,私は何の考えもなしに,一番大きく,一番乗り心地が良さそうなバスに向かった。彼が私の腕をつかみ,バスの一種である,おんぼろの小さなジャロピー(jalopie;jalopy 右写真)の方へ急がせた時の彼の言い方はまったくビックリするものであった。彼は,真面目な顔で,'この小さなおんぼろバスは,勇敢にも大企業連合に挑戦している'と(自分の言動を)弁明した。

ラッセル関係電子書籍一覧
 彼の意見は,しばしばいくらか気まぐれなところがあり,自分の偏見のおもむくままにした。彼は,多分,まったく理性的な人間よりも,反逆者をより賞賛した。彼は何であれ打算的と思われることが大嫌いであり,私はかつて,戦争は勝利の見込みがないかぎり正当化できないと言い,彼にひどくショックを与えてしまった。彼にとって,英雄的かつほとんど(成功の)望みのない反抗が素晴らしいものに思われた。彼の偏見の多くは,私自身の感情と一致していたので,それについて彼と議論する気は全然無かった−−いずれにしても,たとえ彼の偏見について議論したとしても,何の益にもならなかったであろう。
 彼の気性と意見からすれば,彼がシドニー・ウェッブ夫妻を嫌うだろうことは,自然なことであった。ウェッブ夫妻が救貧法の改正を取り上げた時,彼は,彼ら以外のすべてのものがウェッブ夫妻の法制化の試みを拒否したために,ウェッブ夫妻は遂に自らを守る力のない貧困者たち(救貧法の適用を受ける貧困者たち)を組織化せざるをえなくなった,とよく語っていた。彼はいつも,夫妻による組織化の勝利の理由の1つは,ウェッブ夫妻がジャガイモを蓄える穴倉を掘るために,貧しい木製の義足をつけている不具者を雇ったことである,とよく言いたてていた。
の画像
拡大する!(enlarge)
By temperament he was inclined to anarchism; he hated system and organisation and uniformity. Once, when I was with him on Westminster Bridge, he pointed with delight to a tiny donkey-cart in the middle of the heavy traffic. 'That's what I like,' he said, 'freedom for all sorts.'
On another occasion, when I was walkiug with him in Ireland, we went to a bus station, where I, without thinking, made for the largest and most comfortable bus. His expression was quite shocked as he took me by the arm and hurried me away to a shabby little 'jalopie' of a bus, explaining gravely that it was pluckily defying the big combines.
His opinions were often somewhat wayward, and he had no objection to giving his prejudices free rein. He admired rebels rather more, perhaps, than was wholly rational. He had a horror of anything that seemed calculating, and I once shocked him deeply by saying that a war could not be justified unless there was a likelihood of victory. To him, heroic and almost hopeless defiance appeared splendid. Many of his prejudices were so consonant to my feelings that I never had the heart to argue with them - which in any case would have been a hopeless task.
With his temperament and opinions, it was natural that he should hate the Sidney Webbs. When they took up Poor Law Reform, he would say that, since everyone else rejected their attempts at regulation, they had at last been driven to organise the defenceless paupers. He would allege, as one of their triumphs of organisation, that they employed a pauper with a peg leg to drill holes for the potatoes.