(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-08(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次

 1905年末,自由党が政権につき,太っていて,気楽で,和やかなホールデン卿Haldane, Richard Burdon, 1856-1928:英国の政治家。J. S. Haldane の兄。称号:Viscount Haldane of Cloan)が陸軍省の国務大臣になった時,クロムプトンは,非常に厳粛な態度で,陸軍改革案が出された時に陸軍大将連中が脳卒中にならないようにするために彼(ホールデン卿)は選ばれたのだと言っていた。
 彼は危険な自動車の往来には悩まされていた。彼はロンドン市内の通りを,いつも自動車の往来に注意を払わずに横切っていた。運転手(←車)が怒ってクラクションを鳴らすと,彼は気むずかしくいらいらした様子であたりを見まわし,「そんな音を出すな(ブーブーならすな!)」といつも言ったものである。彼は,帽子を'阿弥陀にかぶり'(「あみだかぶり」は,もともとは後頭部にかぶった編み笠が,阿弥陀如来の放射状の後背(=こうはい)に似ていたことからこのようにいわれたもの,とのこと),ぼおっとして放心したように歩き回ったが,運転手たちは,彼は非常に重要な地位の人物にちがいないと確信し,彼が行き過ぎるまで辛抱づよく待った。
 彼は,チャールズ・ラム(Charles Lamb, 1775~1834: 英国の随筆家・批評家/右写真)やサミュエル・ジョンソン博士(Samuel Johnson,1709~1784:英国の文学者・辞書編さん家)と同様,ロンドンを大変愛した。かつて,彼がウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth,1770~1850:英国の詩人)小キンポウゲ(キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草)について書いたことを激しく非難した時,私が「君はワーズワースのものでは,『ウェストミンスター・ブリッジ』の方が好きですか?」と言ったら,彼は「そのとおり。ただし彼がウェストミンスター・ブリッジを小キンポウゲとまったく同じスケールで取り扱ってさえしていたらだけどね」と答えた。
* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

When the Liberal Government came into office at the end of 1905, and Lord Haldane, fat, comfortable, and soothing, was put at the War Office, Crompton, very gravely, said he had been chosen to prevent the Generals from having apoplexy when Army reforms were suggested.
Motor traffic annoyed him by its imperiousness. He would cross London streets without paying attention to it, and when cars hooted indignantly, he would look round with an air of fastidious vexation and say, 'Don't' make that noise!' Although he wandered about with an air of dreamy abstraction, wearing his hat on the back of his head, motorists became convinced that he must be someone of enormous importance, and waited patiently while he went his way.

He loved London as much as Lamb or Dr Johnson did. Once, when he was inveighing against Wordsworth for writing about the lesser celandine, I said, 'Do you like him better on Westminster Bridge?' Ah, yes, 'he answered, 'if only he had treated it on the same scale.'