(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』13-07(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次
 彼はいつもみすぼらしい服を着ており,あまりにひどいので友人たちがいさめたほどであった。このことが予期しない結果をもたらした。西オーストラリアがオーストラリア連邦から離脱しようとして訴訟を起こした時,彼の法律事務所が雇われ,そうしてこの事件は, King's Robing Room(松下注:英国国会議事堂内にある,国王が身支度を整えるための部屋。女王の場合は,Queen's Robing Room=上の写真/因みに,日高氏は,「高等司法院」と訳されているが,よくわからないので,適当な訳をつけられたのだろうか。)で審理されることが決まった。クロムプトンは,侍従に電話をかけ,次のように話しているのを立ち聞きされてしまった。(松下注:日高氏は,King's Chamberlain を「宮内大臣」と訳されている。)
「私のズボンが不満足な状態にあるということを最近になって気づきました。私はこの案件が King's Robing Room で審理されることになっているのを承知しています。多分国王が古いズボンを1本,そこに置き忘れており,それが私に役立つと思われます。」
 彼の嫌悪(の対象)はおびただしくあり,また激しいものであったが,いつも人を笑わせるような仕方で表現された。かつて,彼と私が彼の父親の家に滞在していた時,一人の司教(英国国教会の主教)もまたゲストできていたが,彼は,最大級に柔和かつ無害なタイプの聖職者であり,一匹の蠅さえも傷つけないと言っても自然に聞こえるような種類の人であった。(しかし)不幸なことに,彼の政治的見解は,いくらか反動的であった。とうとう私たちだけになった時,クロムプトンは,海賊船に捕まっている者(a fellow-captive 捕虜)に対してならばふさわしいと思われるような態度をとり,低く怒ったように次のように言った
「彼の性格は救いようがないね」

の画像
拡大する!(enlarge)
He was addicted to extreme shabbiness in his clothes, to such a degree that some of his friends expostulated. This had an unexpected result. When Western Australia attempted by litigation to secede from the Commonwealth of Australia, his law firm was employed, and it was decided that the case should be heard in the King's Robing Room. Crompton was overheard ringing up the King's Chamberlain and saying:
'The unsatisfactory state of my trousers has lately been brought to my notice. I understand that the case is to be heard in the King's Robing Room. Perhaps the King has left an old pair of trousers there that might be useful to me.'
His distastes - which were numerous and intense - were always expressed in a manner that made one laugh. Once, when he and I were staying with his father, a Bishop was also a guest - the mildest and most inoffensive type of cleric, the kind of whom it would be natural to say that he would not hurt a fly. Unfortunately his politics were somewhat reactionary. When at last we were alone, Crompton put on a manner that would have been appropriate to a fellow-captive on a pirate ship, and growled out :
'Seems a desperate character.'