(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-04(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次
* W. Blake の「虎」


 1905年(松下注:ラッセルはこの年に,Mind 誌に 'On denoting' 発表)の春,彼(セオドール)が34歳の時,カークビイ・ロンスデールの近くの''で彼の死体が発見された。彼は駅へゆく途中,その池で泳いだことは明らかであった。飛び込んだときに岩に頭をぶつけたにちがいないと推測された。他の誰よりも弟(セオドール)を愛していたクロムプトンは,ほとんど耐えられないほど苦しんだ。私は,セオドールの死後の数週間を,クロムプトンと一緒に過ごしたが,彼にどのような言葉をかけたらよいかわからなかった。(原注,本書pp.183-184のルーシ・ドネリー宛,およびp.203のクロムプトン・デイヴィス宛の手紙参照)彼の不幸な様子は,みる者に苦痛を与えるものであった。それ以来私は,ウェストミンスター寺院(Westminster Cathedral ではなく,Westminster Abbey)の鐘が鳴ると(いつも),悲痛な気持ちで眠れずにベットに横たわっていた(当時の)幾夜のことを思い出した。この事件後(最初)の日曜日,私は教会に行ったが,その時彼の父親は断固たる禁欲的態度で,いつものように礼拝集会を執り行い,取り乱すことなくやりとおした。しだいにクロムプトンは快方に向かったが,結婚するまでは完全には回復しなかった。それ以後,どういう理由かわからないが,長い間彼を全然見かけなかった。しかし,私がチェルシーに住んでいたある夜,正面玄関のベルが鳴るので出てみると,クロムプトンが戸口のステップ(上り段)に立っていた。彼は前日に会ったばかりのように振る舞い,彼は相変わらず魅力的であり,そうして寝ている私の子供たちにどうしても会いたいと言い張った。セオドールの死後,私はクロムプトンの苦悩に深くつきあうようになったので,私の風貌は彼には長い間非常に痛ましいものに見えたと思われる。
 クロムプトンについての私の最も古い記憶の一つは,トリニティ・コレッジの曲がりくねった階段の一番暗い所で出会ったことであり,その時彼は,一言の前ぶれもなく,突然,「虎よ! 虎よ! あかあかと燃える・・・」というブレーク(William Blake,1757-1827/右肖像画)の詩の全文を引用して言ったことである。(松下注:Tyger は,Tiger のこと。日高氏は,「ティゲル!,ティゲル! 赤々と燃えている」と誤訳されている。)それまで私はまったくブレークについて聞いたことがなく,私はこの詩に深く感動し,めまいがして,壁によりかからなければならなかった。私は一日として,何かしらクロムプトンに関連した出来事を思い出さずにはいられなかった--(たとえば)時には冗談,時には卑劣や偽善を嫌悪して顔をしかめる表情,そして一番思い出すことが多かったのは彼の温かく寛大な情愛であった。もし私がどのようなことであれ誠実さの欠如にかられる場合はいつでも,クロムプトンは不承知だろうという思いが,今でも私を引き留めるだろう。彼は,私がいまだかつて匹敵するものをみたことがないほど,機知,情熱,知恵,軽蔑,柔和さそして威厳を併せ持っていた。こうしたこと全てに加えて,彼の強烈かつ不変の情愛が,後年,私や他の人々に対し,崩壊してゆく世界に対する'安定のためのささえ(碇)'を与えた。
 彼は(自分に対しても他人に対しても誠実であったが,)自分自身に対し特に誠実であった。良いことであれ,悪いことであれ,彼は,多数に従うことができなかった。彼は彼の友人達が夢中になっているあらゆる主義主張に対し,軽蔑の言葉を浴びせたり,それを面白がったりして,「○×協会」とか「××促進世界連盟」といったような運動を'物笑い'にした。その一方ではつねに,イングランドに対立するアイルランドのために,大企業に対抗する小企業のために,持てる者に対する持たざる者のために,独占に対抗するために,十字軍の一人として闘った。彼が主に情熱を傾けたのは,土地財産への課税の問題であった。
の画像
拡大する!(enlarge)

In the spring of 1905, when he was thirty-four, his dead body was found in a pool near Kirkby Lonsdale, where he had evidently bathed on his way to the station. It was supposed that he must have hit his head on a rock in diving. Crompton, who loved his brother above everyone, suffered almost unendurably. I spent the weeks after Theodore's death with him, but it was difficult to find anything to say.*1 The sight of his unhappiness was agonizing. Ever since, the sound of Westminster chimes has brought back to me the nights I lay awake in misery at this time. On the Sunday after the accident, I was in church when his father, with determined stoicism, took the service as usual, and just succeeded in not breaking down. Graduauy Crompton recovered, but not fully until his marriage. After that, for no reason that I could understand, I saw nothing of him for many years, until one evening, when I was living in Chelsea, I heard the front door bell, and found Crompton on the doorstep. He behaved as if we had met the day before, was as charming as ever, and insisted on seeing my children asleep. I think I had become so much associated with his suffering after Theedore's death, that for a long time he found my presence painful.
One of my earliest memories of Crompton is of meeting him in the darkest part of a winding College staircase and his suddenly quoting, without any previous word, the whole of 'Tyger, Tyger, burning bright'. I had never, till that moment, heard of Blake, and the poem affected me so much that I became dizzy and had to lean against the wall. Hardly a day passed without my remembering some incident connected with Crompton - sometimes a joke, sometimes a grimace of disgust at meanness or hypocrisy, most often his warm and generous affection. If I were tempted at any time to any failure of honesty, the thought of his disapproval would still restrain me. He combined wit, passion, wisdom, scorn, gentleness, and integrity, in a degree that I have never known equalled. In addition to all these, his intense and unalterable affection gave to me and others, in later years, an anchor of stability in a disintegrating world.
His loyalties were usually peculiar to himself. He was incapable of following a multitude, either for good or evil. He would profess contempt and amusement for all the causes in which his friends excited themselves, laughing to scorn 'The Society for this' or 'The World League for Promoting that', while all the time he was a crusade in himself, for Ireland against England, for small business against big, for the have-nots against the haves, for competition against monopoly. His chief enthusiasm was for the taxation of land values.

*1 See my letter to Lucy Donnelly, Appendix pp. 183-184; also Crosnpton Davies's lletter on p. 203