(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-01(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ 第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次
* ケンブリッジ大学とその周辺(Cambridge Colleges and the Backs)


 私の父はケンブリッジ(大学)で学んだが,兄はオクスフォード(大学)だった。私は数学に興味をもっていたのでケンブリッジに入学した(Cambridge University の Trinity College/ちなみに,ニュートンもトリニティで学び,1669年〜1701年までトリニティの教授を勤めた。/右写真:Trinity College の正門 Great Gate, 1980年,松下撮影)。私のケンブリッジ大学での最初の経験は,1889年12月の大学入学奨学金取得試験の受験であった。その時私は大学のニュー・コートの部屋に滞在した。そうして,私はとても内気で洗面所にどう行ったらいいのか尋ねることができなかったので,毎朝試験が始まる前に駅の洗面所まで歩いていった。ニュー・コートの門からBacks(松下注:ケンブリッジ大学の周辺部分,すなわち,裏庭,ケム川,土手などの総称)が見えたが,私有地だろうと思い,あえて入っていかなかった(日高一輝氏は,Backs をだだ単に'裏口'と訳されている。)。私は学寮長に食事に招かれたが,彼は,父の時代(父が在学していた頃)にハロー・スクールの校長をしていた。私は,そこで,初めてチャールズ・トレヴェリアンとボブ・トレヴェリアン(兄弟)に会った。ボブは,特徴的なこととして(いかにも彼らしいが),チャールズの2番目に良い夜会用礼服を借りて着ていた。そうして,彼は,晩餐中に,誰かが外科手術の話をしたために(それを聞いて)気を失ってしまった。私は'社交の場'というものは自分には手におえないものだと驚いた。しかし,それよりも,2,3ヶ月前,グラッドストーン(William Ewart Gladstone, 1809〜1898;1868-1874, 1880-1885, 1886 および,1892-1894の4度,英国首相を務める。下写真)と2人きりいにされた時の方が,もっと驚かされた。彼はペンブローク・ロッジにやってきて滞在した(泊まった)が,誰一人として出迎えるように言われなかった。我が家(我が世帯)の中では私が唯一の男性だったので,婦人たちが(食後)引き下がった後,彼と私だけが一緒に食卓に残された。彼は一言だけこう言った。
「あのご婦人たちが私にくれたこのポートワインはなかなかよいものだが,どうしてそれを赤葡萄酒用のグラスに入れてくれたのかな?」
 私はどう答えていいかわからなかったので,地球が私をのみ込んでしまえばいいのにと思った(松下注:上写真のグラッドストーンの目つきを見れば,青年ラッセルの気持ちがわかると思われます。)。それ以後私は,恐怖のため苦悶で満たされることは,これまで2度となかった。私は大学入学奨学金取得試験がうまくいくようにと心から望んでいたので,そのためかえっていくらか神経質になって勉強がさまたげられた。にもかかわらず私は,(学部生用の)下級奨学金を取得し,とても嬉しかった。というのは,有能な同期生と初めて自分を比較することができたからである。

トリニティ・カレッジの正門(1980年)
の画像
拡大する!(enlarge)
My father had been at Cambridge, but my brother was at Oxford. I went to Cambridge because of my interest in mathematics. My first experience of the place was in December 1889 when I was examined for entrance scholarships. I stayed in rooms in the New Court, and I was too shy to enquire the way to the lavatory, so that I walked every morning to the station before the examination began. I saw the Backs through the gate of the New Court, but did not venture to go into them, feeling that they might be private. I was invited to dine with the Master, who had been Headmaster of Harrow in my father's time. I there, for the first time, met Charles and Bob Trevelyan. Bob characteristically had borrowed Charles's second best dress suit, and fainted during dinner because somebody mentioned a surgical operation. I was alarmed by so formidable a social occasion, but less alarmed than I had been a few months earlier when I was left tete-a-tete with Mr Gladstone. He came to stay at Pembroke Lodge, and nobody was asked to meet him. As I was the only male in the household, he and I were left alone together at the dinner table after the ladies retired. He made only one remark:
'This is very good port they have given me, but why have they given it me in a claret glass?'
I did not know the answer, and wished the earth would swallow me up. Since then I have never again felt the full agony of terror.
I was very anxious to do well in the scholarship examination, and nervousness somewhat interfered with my work. Nevertheless, I got a minor scholarship, which gave me extreme happiness, as it was the first time I had been able to compare myself with able contemporaries.