(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』12-17(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第2章(青年期)累積版  総目次
・ティンダル著「放射について」


 1883年(ラッセル11歳の時)に,ロロおじさんは,ハインドヘッド(Hindhead)の丘の斜面に一軒の家を購入した。その家には,長年の間,わが家の全員が,毎年3ヶ月間,訪れ滞在した(松下注:我が家全員といっても,両親はラッセルが4歳になる前に,また祖父は,1876年に死亡している。即ち,兄や祖母やアガサおばさん,ラッセル+αといったところか)。その当時は,ハインドヘッドには,'Royal Huts'(王冠)と'Seven Thorns'(7本のイバラ/キリストがかぶせられたイバラのついた冠を意味していると思われます)」という名の2軒の廃れた乗合馬車乗客用の飲食店兼宿のほかは,まったく家が建っていなかった(いまではこれらの旅館は廃れてはいない。)(松下注:シャーロックホームズの作者コナン・ドイルも,1897年以後,ハインドヘッドに移り住んだそうです。/ハインド=後ろの,ヘッド=頭,ですので,地形が'後頭部'のような形をしている?のでしょうか?)
 ティンダル(John Tyndall,1820~1893:イギリスの著名な物理学者/1868年には微粒子による光の散乱=チンダル現象を発見し,それによって空が青色を呈することを説明)の家が,-まだ開始したばかりであったが-,その頃建築中であった。私は,しばしば,ティンダル(チンダル)に会いにつれていかれた。彼は自分の持っている本のなかから,『水の姿』(参考『水のすがた』創元文庫1953年刊)という本を1冊私にくれた。私は,著名な科学者として彼を賞賛し,彼に何か印象を与えたいと強く望んだ。私は2度,ある程度,成功した。
 1回目は,彼がロロおじさんに話しかけていた時で,私は,T字形の柄のついた2本の歩行用杖を1本の指で,釣り合いをとった。何をしているんだ,とティンダルが私に尋ねたので,私は,重心の位置を決める実際的方法を考えていると答えた。
 2回目は,それより数年後,私が(ヨーロッパ・アルプスの)ピツ・パルーパルー山/右上写真)に登ったことがあると彼に語った時であった。彼は,草分けのアルピニストであった。私は,(英国サセックス州の)ブラックダウン(Blackdown/右下地図赤丸で囲んだところ) を越え,パンチボウルPunchbowlに降り,さらにチャートのデヴィルズ・ジャンプ(Devil's Jump)まで,ヒースの荒野の中を歩くことに表現できないほどの楽しさを見出した。特に私は,'マザー・バンチ小径'という小さな細い道を踏査したことをおぼえている。(そこは,いまは家がいっぱい建ちならび,「パンチ小径」と書かれた標識が立っている。)その道は次第に細くなり,ついには,ハート・ヒルの頂きに通じる小径になった。私は何も期待していなかったが,突如として眼前に,サセックス州の半分とサレー州の大部分が見える壮大な風景が現れた。この種の瞬間瞬間が,私の生涯で重要な要素となってきた。概して,屋外で起こったことの方が,屋内で起こった事よりも,より深い印象を私にあたえてきたように想う。  
In the year 1883 my Uncle Rollo bought a house on the slopes of Hindhead, where, for a long time, we all visited him for three months in every year. At that time there were no houses on Hindhead except two derelict coaching inns, the 'Royal Huts' and the 'Seven Thorns'. (They are not now derelict.)
Tyndall's house, which started the fashion, was being built. I was frequently taken to see Tyndall, and he gave me one of his books. The Forms of Water. I admired him as an eminent Man of Science, and strongly desired to make some impression upon him. Twice I had some success.
The first time was while he was talking to my Uncle Rollo, and I balanced on one finger two walking sticks with crooks. Tyndall asked me what I was doing, and I said I was thinking of a practical method of determining the centre of gravity.
The second time, some years later, was when I told him that I had climbed the Piz Palu. He had been a pioneer Alpinist. I found inexpressible delight in walks through the heather, over Blackdown, down the Punchbowl, and as far as the Devil's Jumps at Churt. I particularly remember exploring a small road called 'Mother Bunch's Lane' (it is now full of houses, and has a sign saying 'Bunch Lane'). It continually diminished, and at last became a mere path leading to the crest of Hurt Hill. Quite suddenly, when I expected nothing, I came upon an enormous view, embracing half of Sussex and almost all of Surrey. Moments of this sort have been important in my life. In general, I find that things that have happened to me out of doors have made a deeper impression than things that have happened indoors.
の画像
拡大する!(enlarge)