(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』12-12(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第2章(青年期)累積版  総目次
* 国際博覧会(=万国博覧会)について
* 東京大学附属図書館マルチメディア展示「万国博覧会」


 私は,非常に長い間孤独だったので,いくらかばかげているほど彼に愛情を注いだ。とても嬉しいことに,彼および彼の家族と一緒に(1889年)8月に海外旅行に行こうと招待された。2歳の時海外に行ったのを除けば,私の初めての海外旅行であった。そして,諸外国を見られるという期待で大いに興奮した。
 私たちは,まずパリに行った。パリでは1889年のパリ万国博覧会が開催中であり,私たちは,その年に新しく建てられたエッフェル塔の天辺(てっぺん)に上った。その後私たちは,スイスに行き,約1週間,あちらこちらをドライブしてまわった。(松下注:車のあゆみ(自動車の歴史)/写真は,1889年製のベンツ・ビクトリア。このような車に乗ったと想像される。)そして最後に,エンガディン(右欄地図参照)まで行った。彼と私は,Piz Corvach(松下注:Piz [pi]=山)と,Piz Paluの2つの山に登った。どちらの時も吹雪であった。最初私が高山病になり,2番目に彼がなった。この2番目の時はとても興奮した。私たちのガイドの1人が断崖から落ちたため(←断崖から少し落ちたが命綱があったため途中で止まった?),彼をロープでひっぱり上げなければならなかったからである。ガイドが崖から落ちる時に,彼(ガイド)は神をののしったので,私は,彼(ガイド)の'沈着冷静さ'(sang froid → 原義 cold blood)に感銘した。
 けれども,不幸にも,この時期,フィッツジェラルドと私は,やや重大な意見の相違があった。彼は,私には許しがたいと思われる無作法な態度で,自分(フィッツジェラルド)の母に話した。私は,若かったので,彼のそういう行ないを咎めた。彼は激怒した。激しい怒りようで,それは数ヶ月間も続いた。
 クラマーに戻ってから,私たちは(学生宿舎の)部屋を'共有'することになったが,彼は,私が同意できないことをいろいろ言いたてた。彼は,そのことにおいて,たいへんな技量を発揮した。私は,激しく彼を憎んだが,今振り返ってみると,なぜそれほど憎んだのかほとんど理解できない。ある時,かっとなり,彼の喉を手でおさえて絞めつけはじめた。私は彼を殺すつもりだったが,彼の顔色が蒼白になり,彼が哀れになった。彼は,私が彼を殺すつもりだったことに気がつかなかったと思う。このことがあって以後,私たちは,彼がケンブリッジにいる間を通してかなり仲良くしていたが,彼が2年生の終わりに結婚すると共に,私たちの交際は終わった。(松下注:フィッツジェラルドは,結婚後(3年生以後)はアメリカの大学などに移るかあるいは中退してしまったのであろうか?)
Having been lonely so long, I devoted somewhat absurd amount of affection to FitzGerald. To my great delight, I was invited to go abroad with him and his people in August. This was the first time I had been abroad since the age of two, and the prospect of seeing foreign countries excited me greatly.
の画像
拡大する!(enlarge)
We went first to Paris, where the Exhibition of 1889 was in progress, and we went to the top of the Eiffel Tower, which was new that year. We then went to Switzerland, where we drove from place to place for about a week, ending up in the Engadine. He and I climbed two mountains, Piz Corvach, and Piz Palu. On both occasions there was a snow-storm. On the first I had mountain sickness, and on the second he did. The second occasion was quite exciting, as one of our guides fell over a precipice, and had to be hauled up by the rope. I was impressed by his sang froid, as he swore as he fell over.
Unfortunately, however, FitzGerald and I had a somewhat serious disagreement during this time. He spoke with what I thought unpardonable rudeness to his mother, and being young I reproached him for doing so. He was exceedingly angry, with a cold anger which lasted for months. When we returned to the crammer's, we shared lodgings, and he devoted himself to saying disagreeable things, in which he displayed great skill. I came to hate him with a violence which, in retrospect, I can hardly understand. On one occasion, in an access of fury, I got my hands on his throat and started to strangle him. I intended to kill him, but when he began to grow livid, I relented. I do not think he knew that I had intended murder. After this, we remained fairly good friends throughout his time at Cambridge, which, however, ended with his marriage at the end of his second year.