(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第2章(青年期)累積版  総目次
* 「アンデス山脈」

 クラマー(受験準備のための学校)時代の一時期,エドワード・フィッツジェラルド(Edward Arthur FitzGerald, 1871-1931:イギリスの登山家。1897年,アコンカグアの初登頂を目指す遠征隊を率い,成功/右写真)という名前の友人がいた。母親はアメリカ人,父親はカナダ人であったが,彼は,ニュージーランド・アルプスやアンデス山脈(登頂で)で多くの偉業を成し遂げ,後年,偉大な登山家として名前が広く知られるようになった。彼の一家は大変裕福で,ラットランド・ゲート19番地(右の地図参照)の大きな屋敷に住んでいた。(ラッセル注:今はすっかり取りこわされてしまっている)。
 彼には,詩を書いている姉がいたが,彼女は,私がそのラットランド・ゲートの家で頻繁に会ったロバート・ブラウニング(Robert Browning, 1812〜1889/英国ビクトリア朝時代の詩人)と非常に親しかった。
(ラッセル注:私は,かつて一度,2歳の年に,ペンブローク・ロッジの我が家に昼食にやってきたロバート・ブラウニングと会ったことがある。その時,全員彼が一緒につれて来た俳優サルヴィニ(訳注:イタリアの俳優 Tommaso Salvini, 1829-1915 のことか?)から話を聞きたがっているのに,彼は際限なしに一人しゃべり続けた。とうとう私は,突き刺すような声で叫んだ−「あの人,おしゃべりやめればいいのに・・・」 そうしたら彼は,その通りにした。)
 彼女は後に,最初エドモンド・フィッツモーリス令夫人Lady Edmond Fitzmaurice)となり,つぎにフィリップ令夫人Signora de Philippi)となった。彼女は,弟よりもかなり年上であり,大成した古典学者であった。私は彼女に対して,ロマンティックな賛美の念を抱いたが,後になって彼女に会ったときは,全く退屈な人間であるように思われた。

ラッセル関係電子書籍一覧
 エドワード・フィッツジェラルドは,アメリカで育ち,非常に世慣れていた。彼は怠け者で,気力がなかったが,多方面において,特に数学に関して,かなりの能力を持っていた。彼は,評判のよい,いかなるワインや(葉巻)煙草でも,その年代を言い当てることができた。彼は,スプーン一杯の芥子(からし)と唐辛子(粉)をまぜたものを食べることができた。彼はヨーロッパ大陸の売春宿に詳しかった。彼の文学知識は広範囲にわたっており,ケンブリッジ大学の学部生のとき,初版本の立派な蔵書(コレクション)を入手した。彼が初めてクラマーに来たとき,即座に私は彼が好きになった。なぜなら彼は,とにかくも教養がある人間であり,他の連中のなかにはそのような人間は一人もいなかったからである。(ロバート・ブラウニングは,私がクラマーにいる間に死んだが,そこにいる誰一人として詩人のブラウニングのことを知っていたものはいなかった。)
 私とフィッツジェラルドは両方とも,週末にいつも家に帰ったが,その途中で,彼はよく私を,まず昼食をしに彼の家に,そのあと,マチネー(訳注:昼に行われる演奏会,オペラ,演劇など。ここでは,コンサートのことか?/日高氏は「昼の部の演劇」と訳されている。)を見につれていてくれた。わが家の者は,彼の家族について調べたが,ロバート・ブラウニングからの'証明書'で安心した。
の画像
拡大する!(enlarge)
For a time at the crammer's I had one friend - a man named Edward FitzGerald. His mother was American, and his father Canadian, and he became well known in later years as a great mountain climber, performing many exploits in the New Zealand Alps and the Andes. His people were very rich, and lived in a large house*1 No. 19 Rutland Gate.
He had a sister who wrote poetry and was a great friend of Robert Browning whom I frequently met at Rutland Gate.
She afterwards became first Lady Edmond Fitzmaurice, and then Signora de Philippi. His sister was considerably older than he was, and an accomplished classical scholar. I conceived a romantic admiration for her, though when I met her later she seemed an unmitigated bore.
He had been brought up in America, and was exceedingly sophisticated. He was lazy and lackadaisical, but had remarkable ability in a great many directions, notably in mathematics. He could tell the year of any reputable wine or cigar. He could eat a spoonful of mixed mustard and cayenne pepper. He was intimate with Continental brothels. His knowledge of literature was extensive, and while an undergraduate at Cambridge, he acquired a fine library of first editions. When he first came to the crammer's, I took to him at once, because he was at any rate a civilised being, which none of the others were. (Robert Browning died while I was there, and none of the others had ever heard of him.)
We used both to go home for the weekend, and on the way he would always take me first to lunch with his people and then to a matinee. My people made inquiries about the family, but were reassured by a testimonial from Robert Browning.

*1 It is now pulled down.
*2 I had met Robert Browning once before at the age of two when he came to lunch at Pembroke Lodge and talked unceasingly although everybody wished to hear the actor Salvini whom he had brought with him. At last I exclaimed in a piercing voice, 'I wish that man would stop talking'. And he did.