(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ refuge (n) [避難;避難所,隠れ家;逃げ口上,口実]
Many people when they fall in love look for a little haven of refuge from the world, where they can be sure of being admired when they are not admirable, and praised when they are not praiseworthy.
[多くの人は,恋をすると,世間から逃れるためのささやかな'安息所'を捜し求めるが,そこでは,感心すべきでないのに感心し,賞賛される価値がないのに賞賛されることを確信していられる。
 出典:ラッセル『幸福論』第12章「愛情」]

In philosophy, hitherto, ethical neutrality has been seldom sought and hardly ever achieved. Men have remembered their wishes, and have judged philosophies in relation to their wishes. Driven from the particular sciences, the belief that the notions of good and evil must afford a key to the understanding of the world has sought a refuge in philosophy. But even from this last refuge, if philosophy is not to remain a set of pleasing dreams, this belief must be driven forth.
[哲学において,倫理的中立性はこれまでめったに追求されず,またほとんど達成されてこなかった。人々は自分たちの望みを思い出し,それと関連させて諸哲学(=哲学者たち)を評価してきた。善悪の観念が世界を理解する鍵を与えてくれるにちがいないという信念は,個別科学の世界から追い出されると,哲学に避難所を求めるようになった。しかし,この最後の避難所からさえも,もしいつまでも哲学が'心地よい夢の集合'であってはならないと考えるならば,この信念は追い出されなければならない。
 出典:ラッセル『外部世界はいかにして知られうるか』第1講「最近の傾向」]

Colette's love was in that moment a refuge to me, not from cruelty itself, which was unescapable, but from the agonising pain of realising that that is what men are.
[その瞬間において,コレットの愛(のみ)が私の心の避難場所であった。それは,逃れられない残酷さそのものからではなく,人間とはなんであるかということを悟ることによる'魂を切り刻む激しい苦痛'からの避難所であった。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次大戦」)]

The girls at first would take refuge in a room to which they supposed no men would penetrate, and they had to be fetched out and encouraged to associate with males. It must be said that when once the ice was broken, no further encouragement was needed.
[女学生たちは初めは,男性が入って来ないだろうと思われる部屋の中にいつも逃げこんで隠れていた。それで,男性と交際させるために,彼女たちをその部屋から外にひっぱり出して,励ましてやらなければならなかった。これは言っておかなければいけないが,ひとたび両者の間をさえぎる氷が融けると,もはやそれ以上励ましてやる必要はなくなった。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第3章「中国」)]

Patriotism is the last refuge of a scoundrel.
[国のためというのが,悪党の最後の逃げ口上だ。
 出典:サミュエル・ジョンソン]