(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB23-060(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.3 (China) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第3章 中国)(承前)

 私は講義で非常に忙しく,また,もっと上級の学生たちのためのゼミも担当していた。皇帝の甥であった一人を除いて,彼らのすべてがボルシェヴィキ(共産主義者)であった。彼らはよく,一人また一人と,中国を脱け出してモスクワへ行っていた。彼らは魅力的な若者であり,率直であると同時に聡明で,世界のことを知りたがり,また中国の伝統の束縛から脱出したがっていた。彼らのほとんどが幼少期に古風な娘と婚約させられていた。それで,現代教育をうけた娘と結婚するためにそのような婚約を破棄することが正当化されるかどうかという倫理的な問題で悩んでいた。古い中国と新しい中国との間の隔たりは非常に大きく,そうして近代精神の持ち主の若者たちにとって,'家族の絆'はとても'うんざりする'ものであった。ドーラは,教員になる女性を養成するための北京女子師範学校(松下注:Girls' Normal School は「北京女子高等師範学校」の前身と思われる)によくでかけていた。その学校では,やがて教師になるひとたちが教育をうけていた。彼女たちはよく,結婚,自由恋愛,避妊等々,あらゆる種類の質問をドーラに投げかけた。そうして,ドーラは,彼女たちのあらゆる質問に対して,まったく率直に答えていた。そのような率直な質疑応答は,(当時の)ヨーロッパの同様の女子教育機関では不可能なことであっただろうと思われる。彼ら(彼女たち)は思想の自由を持っていたにもかかわらず,伝統的な行動習慣は彼ら(彼女たち)に対し大きな支配力を有していた。私たちは,時々,私のゼミの青年たちや師範学校の女学生たちのために,パーティを催した。女学生たちは初めは,男性が入って来ないだろうと思われる部屋の中にいつも逃げこんで隠れていた。それで,男性と交際させるために,彼女たちをその部屋から外にひっぱり出して,励ましてやらなければならなかった。これは言っておかなければいけないが,ひとたび両者の間をさえぎる氷が融けると,もはやそれ以上励ましてやる必要はなくなった。
I was very busy lecturing, and I also had a seminar of the more advanced students. All of them were Bolsheviks except one, who was the nephew of the Emperor. They used to slip off to Moscow one by one. They were charming youths, ingenuous and intelligent at the same time, eager to know the world and to escape from the trammels of Chinese tradition. Most of them had been betrothed in infancy to old-fashioned girls, and were troubled by the ethical question whether they would be justified in breaking the betrothal to marry some girl of modern education. The gulf between the old China and the new was vast, and family bonds were extraordinarily irksome for the modern minded young man. Dora used to go to the Girls' Normal School where those who were to be teachers were being trained. They would put to her every kind of question about marriage, free love, contraception, etc., and she answered all their questions with complete frankness. Nothing of the sort would have been possible in any similar European institution. In spite of their freedom of thought, traditional habits of behaviour had a great hold upon them. We occasionally gave parties to the young men of my seminar and the girls at the Normal School. The girls at first would take refuge in a room to which they supposed no men would penetrate, and they had to be fetched out and encouraged to associate with males. It must be said that when once the ice was broken, no further encouragement was needed.
(掲載日:2009.01.25 /更新日:2011.9.15)