(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


minister [(n):聖職者;(米)プロテスタントの牧師、(英国)非国教派の牧師;大臣;(古)召使い || (v) 仕える;役に立つ]

* ministry (n):聖職;(しばしば M~で)内閣;省
* ministerial (adj.):聖職者の;大臣の;代理の
My wife was seated between the Minister of Education, who declared himself to be unable to speak English, and Professor Niels Bohr, upon whom the burden of conversation therefore fell.
[(コペンハーゲンにおけるソニング賞受賞式のレセプションで)妻は文部大臣とニールス・ボーア教授(注:Niels Henrik David Bohr, 1885-1962:1922年にノーベル物理学賞受賞)の間に坐らされた。大臣は自分は英語を話すことができないと断言した。そのため,(妻エディスとの)会話の重荷をボーア教授が負わなければならなくなった。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第3章「トラファルガー広場

The good individual is he who ministers to the good of the whole, and the good of the whole is a pattern made up of the goods of individuals.
[善き個人とは、全体の善に奉仕するものであり、全体の善とは、個々人の善で作り上げられる1つの型である。]
 出典:『ラッセル思想辞典』第1章「個人と市民

In old days there were masters and slaves: the masters decided what was to be done, and on the whole liked their slaves, since their slaves ministered to their happiness.
[昔は、主人と奴隷が存在した。主人は、何をなすべきかを決定し、概して、奴隷をかわいがっていた。奴隷は主人の幸福のために奉仕していたからである。]
 出典:ラッセル『幸福論』第13章「家族

"I want to become a prime minister in the future," the boy said.
[「将来は総理大臣になりたいんだ」とその少年は言った。]
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900(四訂版)』p.343

The Prime Minister is to visit America next week.
[首相は来週訪米の予定である。]
 出典:『英単語の語源図鑑』p.25