(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA24-040)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 13(The Family)   Contents (総目次)
 しかし、そういった大きな経済的な問題は、本書で論じるつもりはない。なぜなら、そういった問題は、私たちが今関心を持っている問題、即ち、幸福を見つけるために個人は'ここで・今'何をなしうるかという問題、の外側にあるからである。今日の親子関係に存在している様々の心理的困難に話を移すとき、私たちはいっそうこの問題に近づくことになる親子間の問題は、実は、民主主義によって引き起こされた問題の一部である。昔は、主人と奴隷が存在した。主人は、何をなすべきかを決定し、概して、奴隷をかわいがっていた。奴隷は主人の幸福のために奉仕していたからである。奴隷は主人を多分憎んでいたかもしれない。ただし、そういう事態は、民主主義の理論が私たちに想像させるだろうほど一般的には起こらなかった。しかし、たとえ奴隷が主人を憎んでいたとしても、主人のほうは、その事実に気づかないままであり、(その結果)主人は少なくとも幸福であった。民主主義の理論が一般に受け入れられるとともに、事態はまったく変化した。以前は黙従していた奴隷たちは、黙って従うことをやめた。以前は'自分たちの権利'についてまったく疑いを持っていなかった主人たちは、ためらうようになるとともに半信半疑となった。摩擦が生じ、両者に不幸をもたらした。私は、民主主義に反対するためにこのようなことを言っているのではない。なぜなら、問題のトラブルは、重要な過渡期(移行期)にあってはいつでもつきまとうものにすぎないからである。しかし、この移行(変化)が進行している間は、それ(移行)は世の中を居心地を悪くするという事実は認めなければならない(←見て見ぬ振りをしても役に立たない)
 親子関係における変化は、民主主義が一般に普及したことを示す一つの特徴的な例である。親は、もはや(子供の気持ちや考えに反してまでも押し付ける)子供に対する権利を確信していないし、子供たちももはや親を尊敬する義務があるとは思っていない。服従の美徳は、以前はまったく疑問の余地なく強要されており、今では流行遅れになってしまったが、それは正当なことであった。精神分析は、知らないうちに親が我が子に害悪を与える恐れがあることを説明し、教育ある親たちを脅かした。(即ち)親が子供にキスをすると、子供はエディプス・コンプレックス(Oedipus complex)を持つようになるかもしれない。キスしなければ、子供は激しい'ねたみ'を持つようになるかしれない。子供たちに何かをするように命令すると、(子供がそれに従わない場合)子供に罪の意識を植えつけるかもしれない。命令しなければ、子供たちは、親が望ましくないと思うような習慣を身につけるかもしれない。赤ん坊が親指をしゃぶっているのを見ると、親はあらゆる種類の恐ろしい推論をするが、それをやめさせるにはどうすればいいか、まったくわからない。親であることは、昔は(か弱き者に対する)勝ち誇ったような力の行使であったが、現在では、小心かつ不安な、良心的な疑いに満ちたものになってしまっている。昔の単純な喜びは失われたが、しかも、失われたと同時に、独身女性が獲得した新しい自由のおかげで、母親になる(=妊婦になる)と決心することにおいて、女性(←母親)は、以前よりもより多くの犠牲を払わなければならなくなった。このような状況において、良心的な母親は、子供にほんのわずかしか求めず、良心的でない母親は、あまりにも多くのことを子供に求める。良心的な母親'は、自分の自然な愛情を抑制し、内気になる。良心的でない母親は、自分が差し控えなければならなかった喜びの補償(埋め合わせ)をわが子に求める。前者の場合には子供は愛情に飢え、後者の場合には愛情を過度に刺激される。いずれの場合にも、最良の家族が与えることのできるあの単純かつ自然な幸福は存在しない。

 

 

Such large economic problems, however, it is not my intention to discuss, since they lie outside the problem with which we are concerned, namely what the individual can here and now do to find happiness. We come nearer to this problem when we pass to the psychological difficulties which exist in the present age in the relations of parents and children. These are really part of the problems raised by democracy. In old days there were masters and slaves: the masters decided what was to be done, and on the whole liked their slaves, since their slaves ministered to their happiness. The slaves may possibly have hated their masters, though this did not happen nearly so universally as democratic theory would have us suppose. But even if they did hate their masters, their masters remained unaware of this fact, and the masters at any rate were happy. With the general acceptance of democratic theory all this was changed: slaves who had acquiesced before ceased to acquiesce; masters who had formerly had no doubts as to their rights became hesitant and uncertain. Friction arose and caused unhappiness on both sides. I am not saying all this as an argument against democracy, for the troubles in question are only such as are inevitable in any important transition. But it is no use to blink the fact that, while this transition is in progress it makes the world uncomfortable.
The change in the relation between parents and children is a particular example of the general spread of democracy. Parents are no longer sure of their rights as against their children; children no longer feel that they owe respect to their parents. The virtue of obedience, which was formerly exacted without question, has become unfashionable, and rightly so. Psycho-analysis has terrified educated parents with the fear of the harm they may unwittingly do their children. If they kiss them, they may produce an Oedipus complex; if they do not they may produce a fury of jealousy. If they order the children to do things they may be producing a sense of sin; if they do not, the children acquire habits which the parents think undesirable. When they see their baby sucking his thumb, they draw all kinds of terrifying inferences, but they are quite at a loss as to what to do to stop him. Parenthood, which used to be a triumphant exercise of power, has become timid, anxious, and filled with conscientious doubts. The old simple joys are lost, and that at the very moment when, owing to the new freedom of single women, the mother has had to sacrifice much more than formerly in deciding upon maternity. In these circumstances conscientious mothers ask too little of their children, and unconscientious mothers ask too much. Conscientious mothers restrain their natural affection and become shy; unconscientious mothers seek in their children a compensation for the joys that they have had to forgo. In the one case the child's affections are starved, in the other they are over-stimulated. In neither case is there any of that simple and natural happiness that the family at its best can provide.

(掲載日:2006.06.11/更新日:2010.5.3)