(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

前ページ 次ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

 1960年の初め,私たち(夫婦)は短期間,コペンハーゲンに行った。それは,ヨーロッパ文化に貢献したという理由でコペンハーゲン大学から授与されるソニング賞を受け取るためであった。その受賞記念講演は,私に,諸文化における過去の変遷の歴史に基礎をおいた,現在の諸国家・地域間の文化の相異に対する私の態度(見方)について,その'あらまし'を述べる機会を与えてくれた。もしそういった文化の相違に対する態度(見方)について熟考され −私が現在そう考えているように− 妥当なものとして採用されるならば,それは国家間の現在の協力関係をよりよい方向に変えていくであろうし,将来より一層活発かつ効果的な協力の可能性を増すであろう。その時の私の講演は,後に,「新旧の文化」というタイトルの下,私の『事実と虚構』(Fact and Fiction, 1961)に収録され,出版された。

 ソニング賞授与式には,歓迎レセプションとそれに続く立派な政府主催の晩餐会があり,楽しかった。妻は文部大臣とニールス・ボーア教授(Niels Henrik David Bohr, 1885-1962:1922年にノーベル物理学賞受賞)の間に坐らされた。大臣は自分は英語を話すことができないと断言した。そのため,(妻エディスとの)会話の重荷をボーア教授が負わなければならなくなった。ボーア教授はその義務を忠実に果たし,その祝宴の終わりまで,絶え間なく話し続けた。私たちは,教授の話は自国のデンマーク語をデンマーク人に話すときでさえも非常に聞き取りにくいと(事前に)聞かされていた。そうして,英語においても,彼はとても早口にしゃべるので彼の話すスピードについていくことは非常に難しいと始終気づいた(思った)。妻は,彼の言うことを聞き取ることが不可能であった。聞き取れないということは,彼女の苦痛をかなりつのらせた。なぜなら,彼が話している内容は,明らかに,妻が聴きたいと思っていた事柄についてだったからである。しかし,そのような場においてさらに悪いことに,教授は妻に話しかける時に,自分が話すことに夢中になり,しだいに彼女の方に寄りかかっていった。そして,ついに,彼は晩餐会に出席している著名人たちが(教授の行動を)じっと見物し,微笑し,うっとりとしている間に,彼女の皿のおいしい菓子を食べ,彼女のワインを飲んでいるのであった。私同様,ずっとあとあとまで彼女が彼を好きだったのも,こうした彼の魅力のせいであった。


v.3,chap.3: Trafalgar Square

の画像
拡大する!(enlarge)
Early in 1960 we went to Copenhagen for a short time for me to receive the Sonning Prize for contribution to European Culture, bestowed by the University of Copenhagen. The speech of acceptance gave me a chance to outline my attitude towards present cultural differences, based upon the history of past changes in cultures. If this were reflected upon and adopted as being valid, as I think it is, it would change for the better present cooperation between nations and would increase the possibility of further and effective cooperation. My speech was published later under the title 'Old and New Cultures' in my book Fact and Fiction.
The occasion of the prize-giving was a pleasant one with a reception and a fine State dinner following it. My wife was seated between the Minister of Education, who declared himself to be unable to speak English, and Professor Niels Bohr, upon whom the burden of conversation therefore fell. He took his duties seriously and talked steadily through the banquet. He was very difficult to understand, we were told, even when speaking his native Danish to Danes; and, in English, I had always found it extremely hard to follow him as he spoke very quickly. My wife found it impossible. That was exasperating enough, since he was clearly talking of things that she would have wished to hear about. But, far worse on such an occasion, as he talked, he leaned further and further towards her, absorbed in his own words. Finally, he was eating the delicious confections from her plate and drinking her wine whilst the notable company of diners looked on, smiling and entranced. It was a tribute to his charm that she continued to like him, as I did.
(掲載日:2009.12.21/更新日:2012.5.23)