(本館)  (トップ)  (分館)

ラッセルの英語「類義語シリーズ」
r_ruigigo-v02

総索引

★ villain / scoundrel / knave / rogue / rascal

最所フミ(編著)『英語類義語活用辞典』(pp.387-390)

【"villain":悪者を表す最も古典的な部類に属する言葉。現代では主に劇の中での仇役、また悪の原因である元凶の意味で使われている。】
【"scoundrel":邪悪で、利益のために人を犠牲にすることをなんとも思わない悪徳漢。】
【"knave":小さな詐欺やトリックを用いる,心がいやしくて小ずるい小悪党。昔は、使い走りの若者のことを言っていた。なお、男性に対して使われ、女性に対しては使われない。】
【"rogue":シェイクスピア時代からの古い言葉で、追い剥ぎなどを働く大胆ふt機な悪者といったイメージ。今では、愛嬌じみた「悪者」の意味に多く用いられる】
【"rascal":子供や動物を「わるさ」とか「わんぱく小僧」とニュアンスで使われる。】

(1) One rarely meets an authentic villain in life-time.
[正真正銘の悪人と言えるような人物には、人間一生のうちめったに会えるもんじゃない。]

(2) Yet statesmanship is so scarce in our time that apparently it must be rewarded, even if it emerges from scoundrels.
[しかし大政治家のリーダーシップというものが払底している我らのこの時代にあっては、、たとえそれが悪徳漢から出たものであっても、報奨されなければならない。]

(3) He is more fool than knave.
[あの男は悪人というよりはむしろバカだ。]

(4) Those sturdy rogues are taking to the roads as highwaymen.
[屈強な悪党が追い剥ぎを働くことを覚えだした。]

(5) We mus feed our little rascal.
[かわいい腕白に食事をさせねばならない。]


A.ラッセルの著作における用例

<用例1>
The real villain, from this point of view, is the man who saves.
[この観点から見ると、本当の悪者(悪の元凶)は貯金する者(ため込む者)である。]
 出典:Bertrand Russell: In Praise of Idleness and Other Essays, 1935, chapt.1「paragraph 2

<用例2>
Both ages exhibit the greatest heights of genius and the greatest depths of scoundrelism, and in both the scoundrels and the men of genius are by no means antagonistic to each other.
[どちらの時代も,最高の天才と最低の悪党根性(scoundrelism)を示しており,その両者において,悪党と天才は決して互いに敵対するものではなかった。]
 出典:ラッセル『権力−新しい社会分析』第6章「むきだしの権力

<用例3>
It is a fair prophecy that if you tell a man he is a knave and a fool he will not love you, and it is a fair prophecy that if you say the same thing to seventy million people they will not love you. .
[お前は・こずるくて愚かだと言えばその人はあなたを愛さないであろう,というのはまともな予言である。また諸君が同じことを七千万の国民(注:英国民のこと?)に言えば,その国民はあなたを愛さないであろう,というのも正当な予言(fair prophecy)である]
 出典:ラッセル人類に害を与えてきた思想

<用例4>
The world used to be divided sharply into honest men and rogues; honest men kept the law, rogues broke it.
[昔は(単純に),世の中の人間は正直者と悪者にはっきり分けられていた。即ち,正直者は法律を守り,悪者は法律を破る(と考えられていた)。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「犯罪者は一般人 より悪人か?

<用例5>
There was, it is true, Bismarck, whom I was taught to consider a rascal; but it was thought that the civilizing influences of Goethe and Schiller would prevent the Germans from being permanently led into wrong paths by this uncivilized farmer.
[確かにビスマルクがおり、私は、彼は悪者だと教えられたが,この野蛮な農夫(ビスマルク)によってドイツ人が誤った道に永遠にひきこまれるのを、ゲーテやシラーの啓発的影響が妨ぐことができると思われた。]
 出典:ラッセル『自伝的回想』冒頭の「自叙伝のこころみ


B.他の参考例

<参考例1>
The sheriff apprehended the notorious villain on suspicion of murder.
[保安官はその悪名高い悪党を殺人容疑で逮捕した。]
 出典:『究極の英単語−上級の3000語』p.395

<参考例2>
an utter scoundrel
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例3>
In card games, knave is another word for jack.[mainly Britain]
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例4>
a rogue state
[ならず者国家]
 出典:『究極の英単語−上級の3000語』p.491

<参考例5>
You little rascal! Where have you hidden my shoes.
出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.