(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 5(第5章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第5章 遊びと空想(OE05-070)


 教育(の本質)は,本能を抑えることではなく,本能を伸ばすこと(洗練させること)にある。人間の本能は,非常にぼんやりしたものであり,種々さまざまな方法で満足させることができる。本能の大部分は,満足させるためにはある種の技術を必要とする。クリケットと野球は同じ本能を満足させるが,男の子は,どちらか自分の覚えたほうをやるだろう。こうして,教育の秘訣は,性格に影響を及ぼすかぎりにおいては,本能を有効に使えるようにする技術を人に与えることにある。幼年期に,自分を青ひげに見立てることで粗野な満足を得ていた権力ヘの本能は,後年には,科学上の発見とか,芸術的な創造とか,すばらしい子供を創って教育するとか,その他無数の有益な活動のどれか一つによって,洗練された満足を見つけられるようになる。もし知っていることがけんかの仕方だけだとすれば,権力への意志は,彼に戦うことに喜びを見出させるだろう。しかし,もし別種の技能を身につけているならば,別な仕方で満足を見つけることだろう。けれども,権力ヘの意志を子供の時,蕾(つぼみ)のうちに摘みとられた者は,よいこともしなければ,悪いこともしない,熱意のない,怠惰な人間になってしまうだろう。即ち,「神にも,神の敵にも忌み嫌われるもの」(注:ダンテ『神曲』地獄篇より)となるのである。こういったいくじなしの善良さは,世界が求めているものでもないし,私たちがわが子に植えつけようと努めるべきものでもない。子供たちが小さくて,大したいたずらをすることができないうちは,遠い昔の野蛮な祖先の生活を,想像の中で,やってみることは,生物学的には自然なことである。もっと洗練された満足を得るのに必要な知識と技術を子供の行く手に置いてやりさえすれば,子供がその(野蛮な)段階にとどまってしまうのではないかと心配してはいけない。子供の時,私は'とんぼ返り'が大好きだった。'とんぼ返り'をするのは悪いことだとは思わないが,今ではそんなことは(私は)決してしない。同様に,青ひげになって楽しんでいる子供も,やがてこの趣味を卒業して,別なやり方で権力を求めるようになるだろう。そして,もし子供の想像力が,幼年期にその時期にふさわしい刺激によって生き生きと保たれたならば,想像力は後年にもより生き生きと保たれる傾向があり,おとなにふさわしいやり方で働き続けることができるのである。なんの反応も呼び起こさない時期(年頃)に道徳的な観念を押しつけても無駄であり,そういった時期には,まだ行動をコントロールするのにそういった道徳観念は必要でもない。そういった道徳観念を教えようとしても,子どもは退屈に思うだけであり,また後年,道徳観念がききめを持つ年ごろに,それに無感覚になってしまう(という結果になるであろう)。児童心理の研究が教育にとってきわめて重要である一つの理由は,とりわけこの点にある。

(Pt.2 Education of Character)
Chap. 5: Play and fancy (OE05-070)

Education consists in the cultivation of instincts, not in their suppression. Human instincts are very vague, and can be satisfied in a great variety of ways. Most of them require, for their gratification, some kind of skill. Cricket and baseball satisfy the same instinct, but a boy will play whichever he has learnt. Thus the secret of instruction, in so far as it bears upon character, is to give a man such kinds of skill as shall lead to his employing his instincts usefully. The instinct of power, which in the child is crudely satisfied by identification with Bluebeard, can find in later life a refined satisfaction by scientific discovery, or artistic creation, or the creation and education of splendid children, or any one of a thousand useful activities. If the only thing a man knows is how to fight, his will to power will make him delight in battle. But if he has other kinds of skill, he will find his satisfaction in other ways. If, however, his will to power has been nipped in the bud when he was a child, he will be listless and lazy, doing little good and little harm ; he will be a Dio spaciente ed a' nemici sui. This kind of milksop goodness is not what the world needs, or what we should try to produce in our children. While they are small and cannot do much harm, it is biologically natural that they should, in imagination, live through the life of remote savage ancestors. Do not be afraid that they will remain at that level, if you put in their way the knowledge and skill required for more refined satisfactions. When I was a child, I loved to turn head over heels. I never do so now, though I should not think it wicked to do so. Similarly the child who enjoys being Bluebeard will outgrow this taste, and learn to seek power in other ways. And if his imagination has been kept alive in childhood by the stimuli appropriate to that stage, it is much more likely to remain alive in later years, when it can exercise itself in the ways suitable to a man. It is useless to obtrude moral ideas at an age at which they can evoke no response, and at which they are not yet required for the control of behaviour. The only effect is boredom, and imperviousness to those same ideas at the later age when they might have become potent. That is one reason, among others, why the study of child-psychology is of such vital importance to education.

(掲載日:2015.03.24/更新日: )