(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Religion and Science, 1935

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) 第9章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第9章 科学と倫理学 n.1

 直前の二つの章で見たように,科学は不充分であることを主張する人々は,科学は「価値」については述べるべき何をも持たない(価値については何も主張できない)という事実に訴える。このことを私は認める。しかし,倫理学は科学によっては証明も反証(反駁)もできない真理を含んでいると推論するなら私は同意しない(その意見には反対する)。この問題は,明晰に考えることはまったく容易だということはなく,それに関する私自身の見解は,30年前の私の見解とは全く異なっている(訳注:本書 Religon and Science が出版されたのは1935年)。しかし,もし我々が宇宙の目的(の存在)を支持する議論(論拠/論証のようなもの)を評価(値踏み)しなければならないのなら,そのこと(訳注:倫理学は科学によっては証明も反証もできない真理を含んでいるかどうか)を明らかにしておく必要がある。倫理学についてはコンセンサス(意見の一致)がないので,以下に述べることは私の個人的な信念であり,科学の言明(公式見解)(the dictum of science)ではないことを理解されなければならない(理解していただく必要がある)。

 倫理学の研究は,伝統的に言って,2つの部分から成っている。即ち,ひとつは道徳律に関すること),もうひとつは,それ自体(自身)で善なるものに関すること(訳注:他に理由がなくても善なるものに関すること)である。行為の規則(行動規範)はその多くが儀式に起源を持っており,未開人や原始人の生活においては大きな役割を果している。族長の皿から(皿にあるものを)食べることや,仔山羊(子ヤギ)を母ヤギの母乳で煮ることは禁じられている。(また,)神々生贄(いけにえ)を捧げるように命ぜられるが,それも,一定の成長段階においては,生贄人間であれば最も神々に喜ばれるものだと考えられる。殺人や窃盗の禁止のようなその他の道徳律は,もっと明白な社会的効用をもっており,それら(の禁止規則)は,当初結びついていた原始的な神学体系が衰退した後も生き残る(生き残っている)。しかし,人々が内省的になるにつれ,規則にはより重きを置かなくなり,心理状態(人間の気持ち)により重きを置くようになる傾向がある。これは2つの源 - 即ち,哲学と神秘的宗教- に由来する。我々は全て,(キリスト教の)予言者福音書の章句に通じているが(親しんでいるが),それらの中では,心の清さが,小心な(神の)法の遵守(meticulous observance of the Law)よりも上に置かれている(尊重されている)。そうして,聖パウロの有名な慈悲や愛の讃美は,同じ原則を教えている。同様なことが,キリスト教徒であれ、非キリスト教徒であれ、全ての偉大な神秘主義者の中に見出される。彼らが価値を置くのは心の状態であり,そこから,彼らが主張したように,正しい行為が(結果として)出てこなければならない(注:邪な心から行為してはならない,ということ)。彼らにとって,規則は外的なものであり,環境に充分適応することができないと思われる(のである)。

Chapter 9: Science and Ethics, n.1

Those who maintain the insufficiency of science, as we have seen in the last two chapters, appeal to the fact that science has nothing to say about "values." This I admit ; but when it is inferred that ethics contains truths which cannot be proved or disproved by science, I disagree. The matter is one on which it is not altogether easy to think clearly, and my own views on it are quite different from what they were thirty years ago. But it is necessary to be clear about it if we are to appraise such arguments as those in support of Cosmic Purpose. As there is no consensus of opinion about ethics, it must be understood that what follows is my personal belief, not the dictum of science.

The study of ethics, traditionally, consists of two parts, one concerned with moral rules, the other with what is good on its own account. Rules of conduct, many of which have a ritual origin, play a great part in the lives of savages and primitive peoples. It is forbidden to eat out of the chief's dish, or to seethe the kid in its mother's milk ; it is commanded to offer sacrifices to the gods, which, at a certain stage of development, are thought most acceptable if they are human beings. Other moral rules, such as the prohibition of murder and theft, have a more obvious social utility, and survive the decay of the primitive theological systems with which they were originally associated. But as men grow more reflective there is a tendency to lay less stress on rules and more on states of mind. This comes from two sources - philosophy and mystical religion. We are all familiar with passages in the prophets and the gospels, in which purity of heart is set above meticulous observance of the Law ; and St. Paul's famous praise of charity, or love, teaches the same principle. The same thing will be found in all great mystics, Christian and non-Christian : what they value is a state of mind, out of which, as they hold, right conduct must ensue ; rules seem to them external, and insufficiently adaptable to circumstances.
(掲載日:2019.2.08/更新日: )