(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.24


 現代の大国における民主主義は,ある一定の短所を持っているが,それは。実際,同一地域に対する他の統治形態と比較しての話ではなく,当該住民の数が膨大になったことによる避けることができない短所である。古代(訳注:古代ギリシアが念頭にあり)においては,代議制度がまだ知られておらず,(市が開かれる)広場に集った,市民たち(訳注:奴隷は含まれず)は,個人として,一つ一つの問題について投票を行なった。国家がただ一つの都市に限られているかぎり(訳注:ギリシアの都市国家のようなもの)),−このような制度は市民一人ひとりにリアルな(現実の)権力感と責任感を与え,特に問題の大部分が個々の市民の経験から容易に理解のできるようなものである場合にはなおいっそうそうであった。しかし,選挙によって選出された立法府(議会)が存在していなかったために,民主主義は広い地域に広がることができなかった。都市国家ローマの市民権(citizenship 公民権)イタリアの他の地区の住民にも与えられた時,新しいローマ市民(訳注:ただし他の地区在住)は,実際のところは,何ら政治的権力の分前(参政権)を獲得できなかった。なぜなら,事実の上で市民権を行使できたのは,ローマに実際に住んでいる者だけだったからである。(そういった)地理的な困難(問題)は、現代世界において,代議士を選ぶという慣行によって克服された。ごく最近まで,代議士は,一度選ばれると,かなり独立の権力を持つことができたが,それは首都から遠く離れたところに住む人々には何が起っているのかすぐにはわからずまたあまり詳しく知ることができず,自分たちの意見を効果的に表現することができなかったからである。けれども今日では,放送,迅速な移動性,新聞などのおかげで,大きな国々はますます古代の都市国家に似てきている。(即ち)中央にいる人々と遠隔の地にある有権者との間には,(一種の)個人的な接触が(昔より)より存在している。指導者に従う者指導者に圧力を及ぼすことができるし,指導者も逆に自分につき従う者に影響を及ぼすことができるようになっており,その(影響の)程度は18世紀や19世紀には不可能であったほどのものとなっている。その結果,代議士の重要性を減少させ,指導者の重要性を増大させてきている。議会は(も)もはや有権者と政府との問の有効な(力のある)仲介者ではない。昔は選挙期間だけに限られていたいかがわしい(うさんくさい)宣伝家のからくりも全て,今では絶えず(いつでも)利用することができる。ギリシアの都市国家(に似たもの)が,その煽動者(デマゴーグ),暴君,親衛隊及び亡命者(の出現)ととともに,(今)復活してきているのは,都市国家的な宣伝方法が再び利用できることになったからである(訳注:ラッセルは1933年以降のドイツにおけるナチスの台頭などを念頭においている)

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.24

Democracy, in a modern great State, has certain disadvantages, not, indeed, as compared with other forms of government over the same area, but inevitably owing to the immense population concerned. In antiquity, the representative system being unknown, the citizens assembled in the market-place voted personally on each issue. So long as the State was confined to a single city, this gave to each citizen a sense of real power and responsibility, the more so as most of the issues were such as his own experience enabled him to understand. But owing to the absence of an elected legislature, democracy could not extend over a wider area. When Roman citizenship was granted to the inhabitants of other parts of ltaly, the new citizens could not, in practice, acquire any share of political power, since this could only be exercised by those who were actually in Rome. The geographical difficulty was overcome, in the modern world, by the practice of choosing representatives. Until very recently, the representative, once chosen, had considerable independent power, since men living at a distance from the capital could not know what was happening soon enough, or in sufficient detail, to be able to express their opinion effectively. Now, however, owing to broadcasting, rapid mobility, newspapers, etc., large countries have become more and more like the City States of antiquity; there is more personal contact (of a sort) between men at the centre and voters at a distance ; followers can bring pressure on leaders, and leaders reciprocally can exert influence on followers, to an extent which was impossible in the eighteenth and nineteenth centuries. The result has been to diminish the importance of the representative and increase that of the leader. Parliaments are no longer effective intermediaries between voters and governments. All the dubious propagandist devices formerly confined to election times can now be employed continuously. The Greek City State, with its demagogues, tyrants, body-guards, and exiles, has revived because its methods of propaganda have again become available.

1
(掲載日:2017.12.26 /更新日: )