(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.25


 誰か指導者に対して熱意を感じている場合を除いて,大きな民主主義国(a large democracy)の有権者は,ほとんど自分が権力を持っているという感覚を持っていないので,自分の投票権を行使することに価値あるとは考えないことが多い。有権者が重要な政党(の一つ)の熱心な宣伝家でもないかぎり,誰が統治するかを決定する力(諸勢力)の膨大さは、そのカの一部としての(一人の)有権者の役割は全く取るに足らないもの(無視できるもの)にしてしまう。実際,有権者ができることの全ては,一般的にいって,二人の(候補者の)うちのどちらかに投票することだけであり,二人の候補者の選挙綱領は有権者の興味をひかないかも知れず,どちらの選挙綱領もほとんど違わないかも知れず,有権者も知っているように,当選するやいなやその候補者(当選者)はとがめを受けることなくその選挙綱領を棄ててしまうかも知れないのである。一方,有権者が熱意をもって賞賛する指導者がいる場合には,そこに含まれている心理には,君主制との関連で考察した心理と同じものである。即ち,王(君主)とこの王を積極的に支持する種族や党派との間にある結びつきの心理に近い。あらゆる政治的な煽動家あるいはオルガナイザー(まとめ役)としてたけた者は,ある個人への献身を刺激することに専心する。その個人が偉大な指導者であれば,その結果は独裁政治であり,そうでなければ,彼の当選を確保した(勝ち取った)政党の幹部(caucus)が実権を握ることになる。

 これは真の民主主義ではない。統治領域が広大な場合に民主主義をいかにして確保するかという問題難問である。この点については、後の章で再考しよう。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.25

Except when he feels enthusiasm for a leader, the voter in a large democracy has so little sense of power that he often does not think it worth while to use his vote. If he is not a keen propagandist for one of the important parties, the vastness of the forces that decide who shall govern makes his own part in them appear completely negligible. In practice, all that he can do, as a rule, is to vote for one or other of two men, whose programmes may not interest him, and may differ very little, and who, he knows, may with impunity abandon their programmes as soon as they are elected. If, on the other hand, there is a leader whom he enthusiastically admires, the psychology involved is that which we considered in connection with monarchy : it is that of the tie between a king and the tribe or sect of his active supporters. Every skilful political agitator or organizer devotes himself to stimulating devotion to an individual. If the individual is a great leader, the result is one-man government ; if he is not, the caucus which has secured his election becomes the real power.

This is not true democracy. The question of the preservation of democracy when governmental areas are large is a very difficult one, to which I shall return in a later chapter.

1
(掲載日:2017.12.27 /更新日: )