(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, a new social analysisi, 1938,
by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.23


 一つの統治形態としての民主主義の難しさ(難点)は,民主主義迅速な妥協(進んで速く妥協すること)を要求することである。敗北した政党は,(民主主義の)原則には敗北した政党屈服することは臆病である(注:pusillanimous 気が弱い)とするような(思わせるような)重要性が含まれている,と考えてはならない。他方,多数党は(も),敗北した政党反乱を起こす地点まで押し進んではならない(注:press the advantage 押し進む/press one's advantage 優勢なのでどんどん行く)。このためには,(理論だけでなく)実践及び法に対する尊敬(尊重)が必要であり,自分自身の意見以外の種々の意見は邪悪さの証拠だということにならないかもしれないと信ずる習慣が必要である。さらにそれ以上にさえ必要なことは,(そこに)激しい恐怖の状態があってはならないということである。というのは,そのような状態がある場合には,人々は指導者を探し求め,見つかるとその指導者屈服し,その結果,多分その指導者独裁者となるに間違いないからである。右(以上)のような条件があたえられれば(注:法の尊重,恐怖心がないこと,他人の意見の尊重などの条件)> 民主主義は今日までに考案された(統治形態の)なかで,最も安定した統治形態となりうる。アメリカ合衆国,大英帝国,大英帝国の自治領(Dominions),スカンジナヴィア(諸国)及びスイスにおいて,民主主義は,外部(外国)からの危険以外,危険な方向に走ることはほとんどない。フランスにおいては,民主主義はますます確立されつつある。そうして,民主主義には,安定性の他に,政府国民(subjects 臣民)の福祉(幸福)に注意を払わせる(注意を払わざるをえなくさせる)という長所を持っている。それはもしかすると(国民が)望むほどではないかも知れないが,維対君主制や寡頭制や独裁制に見られるよりははるかに,国民に対する注意が払われるであろう。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.23

The difficulty of democracy, as a form of government, is that it demands a readiness for compromise. The beaten party must not consider that a principle is involved of such importance as to make it pusillanimous to yield; on the other hand, the majority must not press the advantage to the point at which it provokes a revolt. This requires practice, respect for the law, and the habit of believing that opinions other than one's own may not be a proof of wickedness. What is even more necessary, there must not be a state of acute fear, for, when there is such a state, men look for a leader and submit to him when found, with the result that he probably becomes a dictator. Given these conditions, democracy is capable of being the most stable form of government hitherto devised. In the United States, Great Britain, the Dominions, Scandinavia, and Switzerland, it runs hardly any danger except from without; in France it is becoming more and more firmly established. And in addition to stability, it has the merit of making governments pay some attention to the welfare of their subjects -- not, perhaps, as much as might be wished, but very much more than is shown by absolute monarchies, oligarchies, or dictatorships.
1
(掲載日:2017.12.25 /更新日: )