(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.22


 ここからえられる教訓は,民主主義国(a democracy)は - 選挙で選ばれた代議士(たち)権力を委任せざるを得ないので- 革命的な状況においては,代議士たちが民主主義国の(いろいろな)願望を代表し続けてくれるという安心感(security)を感じることができない,ということである。議会の願い(願望)は,容易に想像のできる状態において,国民の大多数の願い(願望)と対立するかもしれない。そのような状況において,議会圧倒的な兵力(a preponderance of force)に頼ることができれば,議会はまったく咎めなく(with impunity)大多数の人々を裏切るかもしれない。
 だからといって,民主主義よりもより良い統治形態があると言っているのではない。私はただ,人々には(どうしても譲ることができずに)戦うであろう諸問題があり,そのような問題が生ずる場合にはいかなる統治形態内戦/内乱を防ぐことはできない,と言っているに過ぎない。政治(統治)の最要な目的の一つは,問題が先鋭化して内乱に至ることがないようにすることであるべきである。この観点から見て,民主主義は -それが常習的なものであるところでは- 多分,他のいかなる既知の統治形態より望ましいものであろう。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.22

The moral is that a democracy, since it is compelled to entrust power to elected representatives, cannot feel any security that, in a revolutionary situation, its representatives will continue to represent its wishes. The wishes of Parliament may, in easily conceivable circumstances, be opposed to those of a majority of the nation. If Parliament, in such circumstances, can rely upon a preponderance of force, it may thwart the majority with impunity.

This is not to say that there is a better form of government than democracy. It is only to say that there are issues as to which men will fight, and when they arise no form of government can prevent civil war. One of the most important purposes of government should be to prevent issues from becoming so acute as to lead to civil war; and from this point of view democracy, where it is habitual, is probably preferable to any other known form of government.
1
(掲載日:2017.12.23 /更新日: )