(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.20


 全ての組織体において,だが特に国家において,統治の問題二重にある。統治組織(政府など)側の見方からすれば,統治の問題被治者(被支配者)からの黙従(の態度)を確保することである。統治される側の見方からすれば,統治の問題は,統治組織(政府など)に統治組織自身の利益だけでなく,統治組織の権力が及ぶ者たち(国民など)の利益を考慮に入れさせることである。これらの問題のうちどちらかが完全な解決を見れば,もう一つの方の問題は起こらない(注:人々が統治組織に黙従する態度を確保できれば,統治組織体(政府)に人々(国民)の利益の確保をさせる問題は起こらず、逆に、人々(国民)の利益を確保させることができれば、人々(国民)が統治組織(政府)に黙従する問題も起こらない、ということ)。どちらも解決されなければ,革命が起こる。しかし,一般的に言って(概して),妥協的な解決に至る。統治する側の主要な要素は,暴力を別とすれば,伝統や宗教や外国の敵(外敵)に対する恐怖心であり,大部分の人々が指導者に従おうとする自然な欲求である。統治される者を保護するためにある程度まで有効な方法が今日までにただ一つだけ -即ち,民主主義が- 発見されている。
 民主主義は,一つの統治方法として,(民主主義に)本質的ないくつかの限界を,また,原則として回避可能な限界を,受けることになる。(民主主義における)本質的な限界は,主に二つの源泉から生ずる。(即ち),ある種の決定は迅速に行われなければならず、それ以外の決定には専門的な知識を要するものがある(からである)。大英帝国1931年金本位制を廃止した時も,この両方の要因が含まれていた。即ち,敏速に行動することが絶対に必要であったと同時に,そこに含まれている問題は大部分の人々が理解できないような問題であった(のである)。従って,民主主義国の英国(注:The democracy 定冠詞がついており,従って数えられない抽象名詞ではないことに注意/因みに、東宮氏は「民主政治」と訳している。)は,自らの意見を回想の形(過去に遡って)で表現することしかできなかった(のである)。戦争は,通貨(の問題)ほど専門的な問題(less technical)ではないが,もっと急を要する問題である。議会とか国会にはかることも不可能ではないが(ただし,これは,一般的に,茶番劇に近い,なぜなら問題は,形の上ではともかくとして,実際の上ではすでに決定されてしまっているはずだからである),(緊急時に)選挙民にはかることは不可能である。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.20

In all organizations, but especially in States, the problem of government is twofold. From the point of view of the government, the problem is to secure acquiescence from the governed; from the point of view of the governed, the problem is to make the government take account, not only of its own intetests, but also of the interests of those over whom it has power. If either of these problems is completely solved, the other does not arise ; if neither is solved, there is revolution. But as a rule a compromise solution is reached. Apart from brute force, the principal factors on the government side are tradition, religion, fear of foreign enemies, and the natural desire of most men to follow a leader. For the protection of the governed, only one method has been hitherto discovered which is in any degree effective, namely, democracy.
Democracy, as a method of government, is subject to some limitations which are essential, and to others which are, in principle, avoidable. The essential limitations arise chiefly from two sources : some decisions must be speedy, and others require expert knowledge. When Great Britain abandoned the gold standard in 1931, both factors were involved : it was absolutely necessary to act quickly, and the questions involved were such as most men could not understand. The democracy, therefore, could only express its opinion retrospectively. War, though less technical than currency, has even more urgency : it is possible to consult Parliament or Congress (though as a rule this is something of a farce, since the issue will have been already decided in fact, if not in form), but it is impossible to consult the electorate.
1
(掲載日:2017.12.21 /更新日: )