(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 18(第18章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第18章 大学(OE18-080)


 人間(人類)の生活における大学の機能を考察しているときには,研究は,少なくとも教育と同様に,重要である。新しい知識は進歩の主な要因であり,新しい知識がなければ,世界はすぐに停滞してしまうだろう。一時的には,既存の知識を普及させ,より広く利用することによって,世界は改善し続けるかもしれない。しかし,その(改善の)過程は,それだけでは,長続きしない。また,知識の探求ですら,もし功利主義的なもの(実利主義的なもの)であれば,自立できない。(注:「直接的な」利益を生みと思われるものしか研究しないために,自律的なものでなくなる。)功利主義的な知識も,私心のない探求(研究),すなわち,世界をよりよく理解しようという願望以外の動機を持たない探求(研究)によって,実りあるものにする必要がある。偉大な進歩は全て,最初は純粋に理論的なものであり,のちになってはじめて,実際に応用可能であることがわかる。また,一部の素晴らしい理論はまったく実際の役に立たないものであっても,依然としてそれ自体で価値がある。なぜなら,世界を理解することは,究極的な善の一つであるからである。もし科学(研究)と組織化によって,身体の要求の満足及び残酷さと戦争の廃絶に成功すれば,あとは,知識と美の探求が,私たちの精力的な創造への愛を働かせてくれ続けるだろう。私は,詩人や画家や作曲家や数学者が,自分たちの活動が現実世界にもたらす遠い(未来への)影響に心を奪われることを望まない。彼らは,むしろ,幻想の追求に,すなわち,最初はほんの一瞬ぼんやりと見えただけであるが,その後もずっと,それに比べればこの世の喜びも色あせてしまうほど熱烈に愛してきたものをつかまえて,それに永遠性を与える仕事に従事すべきである。あらゆる偉大な芸術及びあらゆる偉大な科学は,最初は実体のない幻影,つまり,人びとを招いて,安全と安楽から栄光にみちた苦悩へと誘惑する美,を具現化したいという情熱的な欲求から湧き出るものである。この情熱を持った人は,実利主義的(功利主義的な)哲学の足かせに拘束されてはならない。なぜなら,私たちは,人間を偉大にするすべてのものを、彼らの熱情に負っているからである。
Pt. 3: Intellectual education
Chap.18 The University (OE18-080)

Research is at least as important as education, when we are considering the functions of universities in the life of mankind. New knowledge is the chief cause of progress, and without it the world would soon become stationary. It could continue, for a time, to improve by the diffusion and wider use of existing knowledge, but this process, by itself, could not last long. And even the pursuit of knowledge, if it is utilitarian, is not self-sustaining. Utilitarian knowledge needs to be fructified by disinterested investigation, which has no motive beyond the desire to understand the world better. All the great advances are at first purely theoretical, and are only afterwards found to be capable of practical applications. And even if some splendid theory never has any practical use, it remains of value on its own account ; for the understanding of the world is one of the ultimate goods. If science and organization had succeeded in satisfying the needs of the body and in abolishing cruelty and war, the pursuit of knowledge and beauty would remain to exercise our love of strenuous creation. I should not wish the poet, the painter, the composer, or the mathematician to be preoccupied with some remote effect of his activities in the world of practice. He should be occupied, rather, in the pursuit of a vision, in capturing and giving permanence to something which he has first seen dimly for a moment which he has loved with such ardour that the joys of this world have grown pale by comparison. All great art and all great science springs from the passionate desire to embody what was at first an unsubstantial phantom, a beckoning beauty luring men away from safety and ease to a glorious torment. The men in whom this passion exists must not be fettered by the shackles of a utilitarian philosophy, for to their ardour we owe all that makes man great.

(掲載日:2015.08.05/更新日: )