(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 17 Index Contents(目次)

第三部 知性の教育_第17 通学制の学校と寄宿制の学校(OE17-040)


ラッセル関係電子書籍一覧
 現代の心理学者たちが主張しているように,父親あるいは母親の過度の影響は,当然のこと,非常に有害である。しかし,先にも示唆したように,子供たちが2歳、あるいは3歳から学校へ通うようになった場合は,そういう悪影響は生じそうもない,と私は信じている。幼いときから通学制の学校へ通うことで,親の支配と親としての存在の無さ(insignificance 放任?)との間で適切な妥協が行なわれるのではないか,と私は考える。私たちがこれまで考察してきた一連の考慮点(問題)に関するかぎり,家庭がよければ,これが明らかに最上の道(コース)であると思われる。
 感受性の強い少年の場合,ほかの少年たちとばかり付きあわせたままにしておくことには,一定の危険がある。12歳前後の少年は,通例,かなり野蛮で無神経な(感受性の乏しい)段階にある。ごく最近,ある一流のパブリック・スクール(注:英国の支配階級の子弟が多数在学)において,ある少年が労働党に共感しているということで,(他の少年から)ひどい身体的な暴行を加えられたという事件(case)があった(注:いわゆる「いじめ」の問題)。平均的な少年たちと異なる意見や趣味を持っている少年は,(他の少年との違いによって)ひどく苦しむことになりがちである。現存の最も近代的で進歩的な寄宿制(全寮制)の学校においてすら,ボーア戦争の間,ボーア人びいき(の少年たち)(pro-Boers)はつらい目にあった。読書好きな少年や,勉強嫌いでない少年は,必ずといってよいほどいじめられる。フランスでは,最も頭のよい少年たちは,高等師範学校へ行き,もはや平均的な少年とは交わらなくなる。このようなやりかたには,確かに,いろいろな長所がある。(第一に)わが国でよく見られるように,知力の高い子供が神経を衰弱させたり,平均的な俗物たち(Philistine)におべっかを言ったりしなくても済むようになる。(第二に),人気のない少年が味わずにはいられない緊張と不幸を避ける事を回避できる。(第三に),頭のよい少年たちに,彼らに適した教育,つまり,それほどできない少年たちの場合よりもずっと速いペースで進められる教育を授けることができる。一方,そういう制度では,知能の高い子供は,後年,社会の他の人びとから孤立してしまい,もしかすると,平均的な人たちを理解しにくくなるかもしれない。こういう短所をはらんでいるにもかかわらず,全体的に見れば,この制度は,特別すぐれた頭脳や特別すぐれた道徳的資質に恵まれた少年たちが,たまたま競技(games)にも秀でている場合は別として,例外なくいじめられるイギリスの上流階級の慣行よりも優れている,と私は考えている。
Pt. 3: Intellectual education
Chap.17 Day schools and boarding schools (OE17-040)

It is, of course, true, as modern psychologists insist, that the excessive influence of father or mother is a very harmful thing. But I do not believe it is likely to exist where children have gone to school from the age of two or three, as I have suggested that they should. Day school from an early age affords, to my mind, the right compromise between parental domination and parental insignificance. So far as concerns the set of considerations with which we have just been occupied, this seems clearly the best course, given a good home.
In the case of sensitive boys, there is a certain risk in leaving them to the exclusive society of other boys. Boys of about twelve are, for the most part, at a rather barbarous and insensitive stage. Quite recently, at a leading public school, there was a case of a boy suffering grave bodily injury for being sympathetic to the Labour Party. Boys who differ from the average in their opinions and tastes are likely to suffer seriously. Even at the most modern and progressive boarding schools in existence, pro-Boers had a bad time during the Boer war. Any boy who is fond of reading, or does not dislike his work, is pretty sure to be ill-treated. In France, the cleverest boys go to the Ecole Normale Supérieure, and do not mix any longer with the average. This plan certainly has advantages. It prevents the intellectuals from having their nerve broken and becoming sycophants of the average Philistine, as happens to many of them in this country. It avoids the strain and misery which an unpopular boy must suffer. It makes it possible to give to clever boys the kind of teaching which suits them, which goes at a much more rapid pace than is possible for the less intelligent. On the other hand, it isolates the intellectuals from the rest of the community in later life, and makes them, perhaps, less able to understand the average man. In spite of this possible disadvantage, I think it on the whole better than the British upper-class practice of torturing all boys who have exceptional brains or exceptional moral qualities, unless they happen also to be good at games.

(掲載日:2015.07.27/更新日: )